• alwayshelp
  • 農業塾
  • 中・長期研修 

20121: みかさでかぼちゃ収穫作業(北海道アンの会)


  人手不足のかぼちゃの収穫作業の援農
! (北海道三笠市)

 

◆9月上旬から中旬の2泊3日(作物の生育状況で変わります。3か月前に決定)
◆生活クラブ組合員とその家族限定

 

私たちの地域は、水田からの転作で大豆・麦・玉ねぎ、野菜類をつくっています。その中でかぼちゃの栽培は収穫が機械化できないためどうしても人手が必要となります。今の現状は田舎のため人材の確保それも期間限定の場合は集めるのが難しいのが現状です。
今回は、この収穫作業の援農を募集致します。北海道は1戸当たりの耕作面積が多いため機械化できる作物は面積が増えますが、人の手を必要とする作物は減少となっています。
この企画を通して三笠地域の農業の実情を理解してもらいたいです。

こちらもご覧ください

 

  • 北海道三笠市はここです

    ・北海道アンの会の店舗(有機もしくは特別栽培で栽培する自社および提携産地の野菜を販売)はこちら

    ・これまでの参加者の声

アンの畑

 

おおまかな日程

1日目  14時 JR函館本線岩見沢駅集合
〇オリエンテーション
〇かぼちゃの収穫

2日目
かぼちゃの収穫             

3日目
午前 かぼちゃの収穫
15:00 岩見沢駅解散

 

作業内容

あっぱれかぼちゃの収穫作業(他の作業となることもあります)

雨天時の対応;あっぱれミニトマトの収穫業 または 南瓜の選別作業

作業レベル
★軽作業
★★中くらい
★★★重労働
★★★

 

持ち物

作業手袋(滑り止め付きが作業しやすい)・汚れてもよい服装
作業靴(ガーデニング用短靴また長靴がベスト)帽子・タオル・飲み物
着替え

集合および
解散場所と時間

集合:9月上旬~中旬 14時 岩見沢駅 南口正面
解散:9月上旬~中旬 15時  岩見沢駅
※日程は3か月前に確定します(2泊3日)

宿泊場所

三笠天然温泉 太古の湯スパリゾート HOTEL TAIKO (予定)(1泊約 10,000~12,000 円/1名)または、3~4名が同室利用可能場合のみ鈴木農園の宿泊施設「畑の中のコテージ」に宿泊できます。連泊(朝食付き) 2泊 22,000円(税込み)/人

募集人数

8名

参加者の必要費用

現地までの交通費、傷害保険料、宿泊費用、食事代

受け入れ産地からの補助 なし
集合場所までのアクセス

●新千歳空港⇔札幌駅(JRエアポートライナー快速)⇀岩見沢駅(函館本線)
※上記は一例です。事前に必ずご自身でお確かめください。

参加条件  組合員とその家族限定
その他

※ 収穫の真っ最中のため昼食・夕食など簡素なものなります。
※ 時期的に細かい対応など出来ない場合が想定されます。
※ 南瓜は1個当たり重量はありませんが数量が多いので体力が必要です。
日程は、3か月前に決まります。

 

 

 

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー