夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記
参加された東海さんによるイラストはこちら(イラストをクリックすると全体が見られます)
北海道積丹町で収穫体験
北海道別海町 酪農体験
宮城県加美町 しめ飾り作り
北海道小清水町 ブロッコリー収穫
栃木県小山市 キウイフルーツ収穫

 

No.366 チームワークが重要!「北海道積丹町でかぼちゃの収穫」

JA新おたる積丹(北海道) 2018年8月20日(月)~8月22日(水)

 
天候と生育状況の遅れにより作業内容が変更となり、ミニトマトのハウス作業手伝い(収穫とメンテ)とじゃがいも収穫手伝いをおこないました。トマトの糖度を考えた収穫とじゃがいも収穫でのチームワークの重要性を実感しました。(神奈川、50代男性)

 

 
かぼちゃの収穫が遅れていたために、ミニトマトの収穫、脇芽摘み、下葉切り、ポテトハーベスタによるじゃがいもの収穫を行いました。ポテトハーベスタに乗車しての収穫作業は印象深かったです。ミニトマトの規格外のものを食事の時にジュース、料理などで出していただいたのがとても美味しかったです。糖度についての規格をもっともっと緩めても充分に対応できるのにと勿体無く思いました。(神奈川、50代女性)

 

 
お天気に恵まれず、雨になったため、外での作業がほとんどできませんでした。にんにくの袋詰め(にんにくを量って、袋につめる。)、じゃがいもの収穫と袋詰め、かぼちゃのマット敷き(かぼちゃの下に土がつかないようにプラスチック皿をひく)、かぼちゃ配送用の箱作りと箱詰め(10kg)などをおこないました。ハウス内で、かぼちゃを詰めた箱( 10kg)を運ぶのはなかなか大変でした。 (東京、50代女性)
 

 

 

かぼちゃ

 収穫したかぼちゃ

 

 

 

 

 

 

≪受け入れ生産者の声≫
農家の民泊で農作業の手伝いをさせていただく、企画で、唯一の親子体験企画となっています。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー