19171:遊佐町チャレンジファーム事業(山形県遊佐町)

遊佐町で農業をはじめたい皆さんを応援します!(山形県遊佐町)


農業を始めたい、試してみたいけれど、どう始めていいかわからない。
そんな方の農業を始めるキッカケを作りたいとの思いで”遊佐町チャレンジファーム事業”を始めました。
遊佐町の優れた農業経営者のもとで、農産物の栽培はもちろん、販売や経営に関する総合的な指導を受けることができます。
また、新規就農予定者が受給できる農業次世代人材投資資金と合わせて、研修期間中の生活や住まいを遊佐町がサポートします。
まずは試してみたい方、将来は農家として独立したい方のチャレンジを応援します。
研修期間6カ月以上2年以内

遊佐町はこちらです。

遊佐町チャレンジファームの案内はこちらもごらんください

遊佐

研修の内容

遊佐町の受入農家のもとで、水稲や園芸作物、花卉等の栽培に必要な技術や知識を習得する実践研修と、山形県立農業大学校が実施する基礎知識習得のための講義の受講。国の農業次世代人材投資事業(準備型)の研修と重ねることができます。

 

研修の内容

遊佐町の受入農家のもとで、水稲や園芸作物、花卉等の栽培に必要な技術や知識を習得する実践研修と、山形県立農業大学校が実施する基礎知識習得のための講義の受講。国の農業次世代人材投資事業(準備型)の研修と重ねることができます。

担当者 小野寺隆二
持ち物

生活に必要な物一式、農作業に必要な作業着、長靴など

宿泊場所
遊佐町が用意したチャレンジハウス(シェアハウス)を無償で提供します。(光熱水費は自己負担)他の利用者との同居になります。
チャレンジハウスが利用できない場合は、アパート、又は1軒家を探します。
募集人数

若干名

必要費用

参加費は不要。研修期間中の生活にかかる費用は自己負担です。
研修生として認められた場合は、町から生活支援として4万円が支給されます(短期の研修を除く)。チャレンジハウスが利用できない場合は、4万円まで家賃の補助制度があります。
国の農業次世代人材投資事業(準備型)は年間150万円支給されます。

集合場所までのアクセス

遊佐町
●東京駅→新潟駅(上越新幹線)→遊佐町(羽越本線)往復約30,000円
●高速夜行バス(バスタ新宿→東京駅丸の内北口→酒田庄交BT)往復約14,200円 酒田→遊佐駅
●伊丹空港→羽田空港→庄内空港(旅割 片道28,180円
●高速夜行バス(大阪→京都→酒田)片道14,400円~

参加条件 年齢制限はありません。国の事業は45才までに就農できることが条件になります。運転免許は必要。生活の本拠を遊佐町に置くこと(住民票を異動すること)
その他 随時受付します。チャレンジファームは研修計画認定後に随時開始できます。
国の農業次世代人材投資事業(準備型)は研修計画認定後、4月または9月開始になります。
生活・住宅支援を受ける場合は6カ月以上2年以内の研修となります。
3カ月~6カ月程度の短期の研修にも対応します。

事前に現地で面談、研修計画認定後、開始。

 

 

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー