夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.289 みかんの稔る丘での作業「みかんの収穫とみかん缶原料みかんの皮むき」

日本果実工業(株)(山口県)          2016年11月24日(木)~11月26日(土)

 
みかんの収穫・缶詰用みかんの皮むきを経験しました。日果工さんの企画と対応が抜群!産地の現実と課題を2日間で理解出来るように組んでくださったこと。JAの方・工場長さん・松波さんが長時間付き合って下さったこと。がとても良かったです。初めての参加で素晴らしい企画内容を体験出来ました!夢都里路くらぶ&日果工の皆様のお陰でです。ありがとうございました!
(奈良、60代女性)

 

 
産地及び生産者との交流と生産者の地道な努力や産地で困っている事が知れてよかったです。援農というけれど、受け入れ側は可なり気を遣っているようで心苦しかったです。企画生産者の消費材がしっかり作られ、価格もリーズナブルと再確認しました。子供達も又食べ続けていくだろうし、その他の食材も食べてみたいと思いました。生産者との交流という点では有意義だったです。
(東京、60代女性)

 

 
初日オリエンテーション後、JA山口大嶋柑橘選果場を見学しました。作業は終わっていて、機械は止まっていましたが、動いていたら壮観だろうなと思いました。
2日目、みかん畑でみかんの収穫。すごしやすい天候で「みかんの花咲く丘」でなく「みかんの稔る丘」での作業です。
3日目は缶詰工場の見学と缶詰用みかんの皮むき作業をしました。夢都里路担当の日果工の社員さんが常に一緒にいて、作業された事がよかったです。みかんの皮むきに使用する手袋にまで気を遣われていたことも驚きました。みかんの農家の高齢化に伴い、みかん畑が放棄され、竹林になっているのは残念。今後、みかんジュース・みかんの缶詰が存続するのかとても心配です。
(京都、60代女性)
 

 

 

 収穫

景色のよいミカン山

みかんの皮むき
缶詰用に、みかんの皮むき

 

今回も天候に恵まれ、瀬戸内の海を見ながらの作業です。みかんの缶詰工場では、皮むき作業の他に、工場見学ができ、原料生産から加工現場まで生産工程が良くわかると好評です。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー