No.291 大変充実した時間をすごせました!! 「沃土会夢都里路農業塾5」

(有)沃土会(埼玉県)    2016年11月27日(日)

 
種まきから5週間でいのちが育ったことに感動しました。(小松菜・サラダ蕪・宮内菜など)
『自然の命の尊さ』に改めて気づかせていただきました。
色々な体験ができました。生まれて始めての経験が多くとても感動しました。
お世話していただき本当にありがとうございました。
(埼玉、60代男性)

 

 
人参の収穫時に色々な状態のものがあるのに驚いた。生産者の段階で出荷できないものが結構あった。
線虫や根こぶ病など知らない病気がたくさんあることを知った。
水分量や温度の差などにより分かれてしまったり、肥料の与え方によっても出来に差があるとのことだったが、本当に色々な障害を乗り越えて私の手元に来ることが分かり大事に頂こうと思った。
自分の畑の土の状態を確認しないといけないと思った。手をかけすぎてどれだけ傷つけているのか知りたい。
種をまくタイミングや植え付け時期
土の状態
植えつけ方(間隔や深さ)
マルチの遣い方
間引き
過保護に肥料をやり過ぎない
他、色々勉強になりました。細々ですけど畑を続けたいと改めて思いました。惜しみなく色々な知識をおしえて頂きありがとうございました。また、たくさんの収穫物をありがとうございました。
(埼玉、50代女性)

 

 
人参・ほうれん草・水菜・青梗菜・レタス・かき菜などの収穫をしました。人参は家庭では、新聞紙につつみビニール袋に入れて冷蔵庫で保存すると良いことも教えていただきました。
計5回の農業塾。天気にも恵まれ、秋空の下、農作業がすることが出来ました。レタス・玉ネギの定植、人参の間引き・収穫は一つの事を(私にしては)長時間やる作業で腰をかばいながらでした。慣れてくると、姿勢等で負担がかからないように出来るようになるのでしょうね。私たちの質問に丁寧に時には深く答えてくださり、感謝しております。来春の農業塾にも是非参加したいです。
(東京、60代女性)

 

 

 
大変お世話になりありがとうございました。貴重な体験ができました。
天候など、条件にも野菜の生育に大きな影響が出ることが分かりました。
こまめに気遣ってやることが必要であることがわかりました。
美味しい野菜を収穫させていただきましてありがとうございました!また参加できる機会があれば嬉しいです。
(神奈川、40代男性)

 

 
人参の収穫では、抜いて葉っぱを根本から切る。泥を手でこすったりしないしない。人参にキズがついて腐りやすくなる。少し乾かす。11月から2~3月頃まで畑でそのままにする。順次出荷していく。2~3月ころに次の種まきをし、5~6月に収穫する。
のらぼう菜は3月頃まで、次から次へとわき芽が出てきて長く食べられる。
深谷ネギは土に植えておくとネギ坊主が出来、種が採れる。
など、色々勉強になりました。
5回すべて良い天気に恵まれ、大変充実した時間をすごすことが出来ました。なにもかも知らないことだらけでした。いつも口にしている野菜たちが、ここですくすく育ち、運ばれて来ることに、生産者の方に感謝です。野菜を元気に育てていただきありがとうございます。いつも安全なお野菜を作っていただきありがとうございました。きれいな空気を吸って元気になったような気がします。ここに参加するようになり、お野菜を今まで以上に食べるようになりました。
(埼玉、50代女性)

 

 

 
人参を引っこ抜いていると、自分でも同じ作柄になるようなイメージになってしまったが、現実は大違い。雑草がたまにあると安心した。
この塾で肥料の重要さ知った。来年から米ぬか・油粕のみの肥料をあげることにした。1年中畑を遊ばせない農法の一部が分かった感じ。でも、場所・規模によって農法は異なる。農法の奥深さをどんどん感じるばかり。
(東京、60代男性)
 

 

 

 

圃場で収穫

 

 最後の座学

 

 

最終回は、受講生用畑の収穫と片付け、最後の講義となりました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー