夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.286 斜面で柿の脚立作業は難しい「悠久の歴史ある里山で柿の収穫作業・3日」

 西日本ファーマーズユニオン関西 (王隠堂農園;奈良県) 11月3日(月)~11月5日(土)

 
脚立を使っての柿の収穫です。秋晴れの中とても楽しかったですが、年齢制限のあるのが当然だなぁと思いました。傾斜地ですので、65歳の私には少し不安を感じました。平地での脚立ならそれほどでもなかったと思いますが、傾斜地での作業のイメージがちょっと甘かった。王隠堂のスタッフさんは親切でよくしてくださいました。また代表の方の話もなるほどと感心できるようなことばかりで有意義でした。決して都会に住んでいる訳ではありませんが、農村原風景が童謡「ふるさと」そのものでした。宿泊施設がとてもきれい。近くの温泉に入浴ができそれも嬉しいし、柿の収穫も楽しく私にとって問題は傾斜地の脚立のみでした。
(大阪、60代女性)

 

 
富有柿の収穫です。脚立に乗る作業はミカンやリンゴなどで経験していたが、柿の木は折れやすいとのことで木を持てず傾斜地でもあり一番難しいと思いました。
受け入れもスタッフの方々の指導や丁寧な気遣いがありがたっかったです。3日は短いので次回は長いほうに参加してみたいです。
(兵庫、60代男性)

 

 
柿の収穫を手伝いました。スタッフの皆さんにとても親切にしてもらいました。農家は大変だけれども収穫の喜びがあるんだなぁと思いました。王隠堂さんの柿は大きくて立派でとてもおいしかったです。
(大阪、30代女性)

 

 
柿の収穫と梅の加工場の見学、学習会を経験しました。
青い空、連なる山々、そしてあたり一面柿畑。柿の選果場と梅の加工場で現場の方から丁寧な説明を聞き、学習会では王隠堂様から、日本のこれからの農業について、重たい話を聞き、いろいろ考えさせられました。柿の収穫作業は色取りと、脚立の使い方が難しかったです。少し慣れた頃に作業も終わり、少しは役に立ったか不安です。忙しい収穫時期に受け入れで下さりありがとうございました。知識や情報はあふれている現在ですが、実際に体を動かして得たものは、貴重だと思います。
(兵庫、60代女性)

 

 
脚立を使って、柿をとりました。、緑が多く自然を感じれたのと、王隠堂さんの話と、柿をとる作業が良かったです。柿、あんな風にするのを初めて知りました。完熟になってるのを、すてるのが私は、もったいないなぁと思いましたが、捨てないと今後に影響があるのも分かりました。最後の日の、昼食、おいしかったです。貴重な体験ができ良かったです、ありがとうございました。
(大阪、30代女性)
 

 

 

 

 脚立に乗って収穫作業

 

 

 

王隠堂農園での柿作業は、斜面に脚立作業となるので、重労働ですが、丁寧な指導を受けて、頑張りました

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー