夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.274  気疲れなく心地よく作業できました。「紅玉の葉摘み作業」

JAさくらんぼ東根 大富支所(山形県)        2016年9月13日(火)~9月19日(月)

 
脚立を使っての紅玉の葉摘み、銀のシート張りをしました。畑の土がフワフワで歩くのが申し訳ないくらいでした。実のつきがよいようで、樹によってはリンゴのスダレのようになっていて、葉摘みのために脚立を入れて立てるのが大変でしたが、脚立の上からの実りの景色が素敵でした。初めての作業だったので、葉の残し具合は難しく、来年の花芽や実を優しく扱えないときもあり、申し訳なかったです。落下させてしまった未熟果の甘酸っぱさは紅玉好きにはたまりませんでした(東京、30代女性)

 

 
りんご葉摘み(リンゴの色付きを良くするため、素手で周辺の葉を摘む)と、太陽光を反射してリンゴの色付きをさらに良くするため、りんご木の周辺にアルミ製シートを敷きました。
天候にも恵まれ、紅玉りんごも豊作見込みで人手が足りないようでしたので、やりがいを感じました。
生産地の作業指示が適切なため、怪我もせず効率よく援農できたと思います。
ユニークな参加者や生産者に出会い、わき合い合いと楽しく過ごすことができました。
生産者の家族だけでなく、猫とも仲良しになりました。(神奈川、60代男性)

 

 
紅玉リンゴの表面に紅い色をつけるため、被さっている葉っぱを摘み取る作業をしました。宿泊させてくれた農家の対応が非常に良く、気疲れなく心地よく作業できました。ありがとうございました。(神奈川、60代男性)
 
 

りんご

 

 

 

りんごを赤くするために、りんごのまわりの葉を摘む作業です。今回は3人で援農となりました。すだれのようなりんごに会えます

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー