No.268 採って採って採りまくったが採りきれない「トマトケチャップ用トマトの収穫」

JA加美よつば(宮城県)      2016年8月9日(火)~8月10日(水)、8月16日(火)~8月18日(木)

 
真夏の炎天下でのトマトの収穫で、行くまではとても心配していましたが、気象状況にも恵まれお手伝いすることが出来ました。JAの方たち、農家の方たちも皆さんとても良い方で、気を使ってくださり、無理をせず楽しく収穫できました!おりざの森の宿も料理もとても思い出に残りました。(埼玉、70代女性)

 

 

 
加工用トマトの収穫、サニーレタスの定植を行いました。トマトはまだ赤くないものも多かったですが、たくさん収穫出来てよかったです。サニーレタスの定植もやらせてくださったのもありがたかったです。
暑かったですが風があり、農家の皆様がお茶やスイカなどをくださったので作業は全然ツラくなく、楽しく出来ました。午後集合で1泊2日は作業時間が短いと思いました。(東京、20代女性)

 

 

 
ひたすら真っ赤なトマト取り、特に枝の下のほうに多数ありました。台風前・中・後と雨にも負けず、風にも負けず、トマト畑の真っ赤なトマトを採って採って採りまくりましたが、まだまだ採りきれませんでした。
食事においては「おりざの森」の食事は、オクラの花やズッキーニの花など、とても美味しい料理を皆で和気あいあいにいただきました。農家の方々のお野菜、特にいろいろなナスやきゅうりの漬物もとてもおいしかったです。谷あいの一番上部で取れたお米のシソ巻きおにぎりは最高でした。
今回も生活くうLOVEを十二分に満喫させていただいた援農でした。(埼玉、70代男性)

 

 
地這の茎に鈴なりの完熟の実をむしり取り、収穫かごにいっぱいになったらコンテナに移す、一連の作業の繰り返しです。しゃがみこむ姿勢の連続作業となるためきついです。台風の影響をまともに受け、雨と水溜りで作業効率が上がらなかったものの、皆さんの共同作業で楽しく作業ができた事は良かった。
農協でのオリエンテーション時、加美地区の農業概要が説明され、今企画の位置づけも理解されとても良かった。(神奈川、70代男性)

 

 
今回は台風が来ていて1日は雨の中の作業でした。広く畝が長い圃場に這うように生っているトマトを、膝をつき一つ一つ色や傷み、割れを確認しながら篭に入れていきます。
篭に入れすぎるとコンテナまで運ぶのが重くて苦労しました。生産者の方に伺うと普段雨の日には作業はしないとのこと。援農企画のために雨の中の作業をして頂き申し訳なかったです。台風一過、日陰のない圃場は暑く、アブも飛んできて刺されないように注意しながらひたすら収穫。足元は雨の影響で田んぼの中を歩いているよう。でも飲み物や朝食など、生産者の方の気遣いにほっと一息つき、皆さんけがもなく無事終了しました。担当のJAの石川さんにはずっと付き添っていただき感謝です。 今回の参加者は皆さん色々な所へ援農に行っている方ばかりで、和気あいあいに作業や寝食を共に出来ました。「おりざの森」の食事は毎回心がこもっていて最高でした。つらい作業も吹っ飛びました。(埼玉、60代女性)

 

 
真っ赤なトマトをひたすら収穫。しゃがむか腰を曲げての姿勢が続く。膝あてなどがあると便利です。台風の中での作業になってしまいましたが、あまり出来ない経験ができ楽しかったです。今考えて見ると、暑い中汚れや虫を防ぎながらよりは、ずっとカッパでいた方が、案外楽だったようにも思えます。今回の4箇所の畑にお邪魔しましたが、地元の方々はみんな暖かく迎えてくださりました。食事もとても美味しかったです。
最終日私は腰が痛くなってしまい、思うようにすすめなかったのが少し残念です。(東京、20代女性)

 

 
一本の畝に、2人一組で向かい合わせになり、腰をおとし、地面にはいつくばる姿勢で、熟したトマトを、各々手元のかごに手でもぎ取ります。かごが一杯になったら、コンテナに入れました。リオデジャネイロのオリンピックの開催中、2泊3日で、合計4か所の圃場に、JAの職員さんに、車で送迎頂きました。
作業2日目は、まさかの台風の大雨の中、農家の皆さんが、持ち寄って下さった朝食を、皆さんと一緒に頂いた後、予定より2時間程遅れて、作業を開始しました。
午後にはお日様も出て、思いがけず虹も見られ、夜の星空も星座が判りました。
午後と、3日目の午前の作業は、もう30分づつ長く伸ばしても良いのではないかと感じました。
今年初めての作付の農家が、3件で、お一人でが2件、、ご夫婦2人でが1件と伺い、 普段の農作業と共に、この時期の収穫の大変さを思いました。希少な、中高校生の男子がコンテナまで、一杯になった、かごを、運んで貰えると大変助かりました。JAの職員さんが、車で圃場と宿を送迎下さいましたが、お盆明けの為か、お仕事の電話が度々かかり、我々が、お手伝いになっているかと気になりました。一緒に圃場で作業をしている時には、横にいらして、大丈夫ですかとお気遣い頂き有難うございました。
おりざの森の民宿での夕食は、旬の野菜を活かして、見た目も色どりが綺麗で、お味はとても美味しく、器も素敵でした。お母さんのお話も、とても楽しく、参加者はゆっくり夕飯を頂きました。参加動機の一つでしたので感謝です。まさかの台風の中での作業は一生で一回かもしれません。短い長靴を買わず長い長くつで正解でした。
合羽は着ましたが、中までびしょ濡れでした。風邪もひかず、怪我もせず良かったです。(東京、50代女性)
 

 

 

 

加工トマト収穫

 

 

今年も2日間の企画と、3日間の企画と2回実施しました。あいにく、台風の中での作業となってしまいました!色々な農家が受け入れをし、それぞれの畑に入って、色々なことを学びながらの援農ができました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー