夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.255 徹底した管理にも脱帽です! 「沃土会農業塾(1)」

(有)沃土会(埼玉県)    2016年5月15日(日)

 
南は湿気を多く含み、病原菌が多いなど風向きで病気のかかりやすさが異なることを知りました。
ハウス栽培では連作障害を避ける方法を取っている事
株間の取り方(自分の菜園では狭すぎる)を学びました。
ポイントは違いますが、時折ご説明いただいた土づくりに非常に興味があります。
米ぬかの投入等、早速試してみます。
一緒に参加している方々も、食や野菜に対して関心の高い人たちで、非常に良い雰囲気を感じております。
それぞれの方々が自宅に戻り、家族・知人に伝え、広まることができればいいですね。(埼玉、50代男性)

 

 
苗をあえて傾けて植える方法もあること
方角によって、病気になりやすさが変わること、南風が病気を運んでくる。
種の播き方全般。溝を付けるやり方。深さは種の大きさの10倍。種は水やり不要
苗には3回(3日間)水をやり、その後は水をやらない。
夏に植えるジャガイモは、切らずに丸のまま植える。
ミニトマトのハウスは温度、湿度、CO2濃度まで管理していることを知って、想像していたよりも徹底されていると思いました。
種まき作業は、実際にやっているところを見る機会がこれまでなかったので、参考になりました。(山梨、30代男性)

 

 
ピーマン、ししとうの苗の定植(あえてストレスを与えた定植をした)
水菜の種まき(水やりや不要)
ミニトマトの収穫、ハウス見学をしました。
マルチの色によって、用途が違うことがわかりました。山梨では、ほとんど黒なので、まねて黒にしましたが、これからは考えて貼りたいと思います。
東西南北を考えての苗つけ方法、初めて知りました。家庭菜園では好き勝手に植えたので、来年の参考にしたいと思います。
改めて農業の大変さを実感しました。土づくりから苗の管理、自然災害への対応等々、とにかく手間がかかることだと思います。将来の自給自足に向け、この塾での学びを活かせるよう習得したいと思います。トマトの甘さに感動しました。徹底した管理にも脱帽です!!(山梨、40代女性)

 

 
有機栽培での栽培方法(風向きまで考えたこと無かったです)はやはりすごいと思いました。苗もトマト以外で斜め上する考え方、米ぬかは最強なのだと感じました。栽培体験でゆったりしていること、マルチの違い、使い方・・・・奥が深くて考えさせられました。
とても勉強になりました。先日のまるごとパックのミニトマト、とてもおいしくて感動しましたが、実際にハウスにお邪魔することができて、思いが叶ってとても幸せに思います。あっという間でしたが、今後もとても楽しみです。(神奈川、40代女性)

 

 
苗の植え方ー根はいじらない、ななめに植える効果、水やり
種の播き方ーみずやり
マルチの効果ー風よけ
岡部地域の土地柄
紫外線が強くて露地で育たない野菜が増えたことを聞きました。
ほとんど経験も知識もない身にとっては聞いても覚えていられないことが多かったのですが、畑を作る上で日頃どのように工夫や苦労をされているのかが少しわかりました。今後も楽しみです。
今日まいた種がちゃんと発芽してくれるのか・・・心配ですが、楽しみです。(埼玉、50代女性)
 

 

 

 種まき

 種まき

 

 

 

春の農業塾は、野菜の種まきや、苗の定植から始まります。自分の管理圃場を持ち、収穫まで見ていく中で、たくさんの事を学びます。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー