夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.252 農家によってやり方が違うことを発見 !! 「パプリカの苗定植」

JA庄内みどり遊佐支店(山形県)   2016年4月6日(水)~4月8日(金)

 
パプリカは、ビニールハウス内のビニールマルチされた畝に、約30cmの養生苗をポットから抜き取り、定植しました。
受け入れ農協、農家とも親切に対応くださった事、感謝致しております。(神奈川、70代男性)

 

 
パプリカは、穴あけ 薬剤入れ 植え込みですが、
今回は植え込みだけでした。農家によって少しやり方が異なりました。ほぼ同じメンバーだったので和気あいあいで楽しくできました。量的には少し多く大変でしたが予定をこなすことが出来良かったです。休憩時には色々な話が出来有意義でした。(東京、60代男性)
 

 

 

 

ハウスの中、パプリカ苗を定植

 

 

新年度の夢都里路くらぶ援農のトップバッターは、遊佐のパプリカの定植です。ハウスが広いので、同じ姿勢でずーっと定植がキツイ!!

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー