夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.237 話題が豊富でずーっと笑い声が!「赤とうがらしの収穫」

JA庄内みどり遊佐(山形県)             2015年10月26日(月)~10月28日(水)

 
・唐辛子の収穫。枝付き唐辛子を作る。(葉を取る)・その他の手伝い。をしました。
赤とうがらしの収穫作業には何度も参加していますが、今回は人数も多く余裕を持って仕事が出来ました。お姉さん方が多く仕事の仕方、話術はさすがであった。
昼食で出されるお汁、漬け物等が最高。
今回は天気も良く人も良く最高の援農でありました。(東京、60代男性)

 

 
畑から収穫し、ハウスの中で赤い実だけを残し、手で葉と緑のとうがらしを取り除く作業です。ほとんどが、座り仕事で、軽作業です。総勢10人、口も手もよく動き、楽しく作業が進みました。JA、農家さんともに、快く、歓迎していただき、満足でした。(埼玉、60代女性)

 

 
とうがらしを畑から収穫してくる。ハウス内に持ち帰り、葉を取り除き、青い未熟な実は落とす。姿かたちを整え、コンテナに入れる。
長いお付き合いの遊佐の方々ですので、手慣れた暖かいもてなしとスムーズな作業段取りで、気持ちよくお手伝いさせていただくことができました。皆々様に感謝申し上げます。(千葉、60代女性)

 

 
畑で赤とうがらしを30~40センチほど切り、ハウス内で、葉をすべて取り除く作業です。ハウス内では座っておしゃべりをしながら葉を取るので、作業としては楽な方です。座って作業しながら、小野寺さんのお話しを聞けたことは本当に良かったと思います。たまたま出会えたメンバーの方々のお話しも楽しかったです。(東京、60代女性)

 

 
赤とうがらしの圃場に行き、刈取り、葉っぱの整理をします。刈取りは1時間位のもの。後はハウス内で、葉を取ります。
ハウス内での話題が豊富でずーっと笑い声が絶えることがありませんでした。集った仲間と小野寺さんとのやりとりが、とても楽しかった。
今野さんに、米倉庫に案内され、生活クラブに出す米を見学させてもらいました。(東京、70代女性)
 

 

 

 

緑の実と葉を取ってきれいにする

 

 

企画募集の呼びかけ通り、口と手と両方を動かす、楽しい作業となりました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー