No.219北海道でも機械でなく手作業で収穫!「 ブロッコリーの収穫」

JAこしみず(北海道)     2015年 7月6日(月)~7月8日(水)

 
早朝のブロッコリー収穫作業からはじまり、選果場でのブロッコリーの箱詰め、氷詰めなど出荷前の一通りしました。
ブロッコリーはその日の天候や日照時間によって朝夕の収穫する量がかわります。そのため、機械ではなく手作業(包丁で切り取り、葉をそろえて指定の大きさに調整する)で収穫していたことを今回の体験で初めて知りました。
選果場での箱に20個詰める作業は自分にはとても難しく、流れ作業ではかなり手こずりました。どちらの作業工程もはじめはなれなくて大変でしたが、最後の方ではそれなりにできたと思います。
小清水はなにより景観がとても素晴らしく、感動してばかりでした。
収穫をしているときにふと見える斜里岳や、緑豊かな広大な農地、車の窓からみえるオホーツク海など、ひがしほっかいどうならではの景色を存分に堪能しました。今回受け入れてくださる生産者、JA職員のみなさまにもあたたかく迎え入れてくださり、たった3日間でしたが毎日楽しかったです。
それと、7月上旬でしたがとても寒かったです。収穫時は強風やどしゃ降りなど非常に不安定な天候でした。長袖、防寒具、雨合羽など持って行ってよかった~とほっとしてました。
この体験をもとに、7/25(土)~8/15(土)に北海道をテーマにしたイラスト展を地元つくばで開催予定です。(茨城、20代女性)
 
 

 ブロッコリー

ブロッコリーを手で収穫

 

 

 

 

 

昨年はアスパラで、今年はブロッコリー。北海道の農業が体験できる貴重な企画です

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー