No.188 静けさと景色のよさにずっと見惚れました!「ミカン作りの夏」

和光農園グループ(和歌山県))        2014年9月24日(水)~9月26日(金)

 
2泊3日の援農作業でした。初日は雨天のためオリエンテーションと圃場見学。 2日目はみかんの草取りと摘果、3日目はAMがイノシシ対策の電磁柵設置とミカン摘果、午後からは熊野古道巡りと黒江の街並み見学を体験しました。和歌山県民の人柄のよさに感動しました。石垣に護られた段々畑の果樹園がつづく山を見たのは初めてなので、静けさと景色のよさにずっと見惚れました。内芝ご夫妻が本当に親切に3食(金目鯛やはやなれ寿司が美味!)準備して下さったのでケガもなく無事に作業に専念できました。縁側のある立派なご自宅で、お孫さんもだっこさせていただいて。ホワイトサポテ、アボカド、グレープフルーツ、レモン、びわ、みかん、いろんな果樹の作業に関わることができてほんとうにラッキーでした。(大阪、50代女性)

 

 
初めての受け入れかつ民泊受け入れということで、とても気を使わせてしまったようでした。でも二日目の夕飯をご一緒できていろいろ雑談もできましたし、産地のことも教えて頂けてとても有意義な時間を頂けました。
初日の始めのオリエンテーションもみかんの栽培だけでなく、新しく取り組んでいるアボカドや、グレープフルーツの深く細やかな説明をしてもらい、新たな知識を得ました。
実験栽培中の?ホワイトサポテという知らなかった濃厚な甘さの果実も教えてもらいとても楽しい滞在でした。
お世話になるばかりで、労働力の足しにならず申し訳ない気持ちが沢山ですが、急斜面での下津のミカンの美味しさと、大変さが少しでも分かり、有意義な体験になりました。本当にお世話になりました!(大阪、30代女性)

生産者の声はこちら

取材記はこちら

 

 

 

 

急峻な斜面に石垣を積んでみかん畑が続きます。アボカド、グレープフルーツ、ホワイトサポテなど、南国果物の栽培に挑戦しています。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー