夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.185 「助かった」と言われてとてもうれしかった「掘ってけらいんおらいの長ねぎ」

JA加美よつば(宮城県)        2014年9月3日(水)~9月4日(木)

 
・鍬で片側を掘り、ネギを引き抜く手作業、機械で掘って束ねたネギをトラックまで運ぶ作業、ネギの根を切る作業をしました。たった1泊2日で初めは体験だけになってしまうかと思いましたが、最後には「助かった」と言っていただけたのがとてもうれしかったです。
機械で掘れるのに、わざわざ手で掘るのをやらせて下さり、2つの方法を知ることができました。私はネギを束ねて縛るのがうまくできず、大苦戦しました。またとても親切で良い方々と出会い、話せたことがとても楽しかったです。忙しい中、ありがとうございました。(東京、20代女性)

 

 
長ねぎを畑で掘り、その後、掘ったネギの根を切る作業をしました。受け入れてくださった農家の方に感謝します。また交流会に参加して下さった農家の方たち、私たちの面倒を見てくださったJAの担当者の方等々、色々な方たちにお世話になりました。参加する方も二人だけではなく、せめて定員の4人は満たして参加した方が良かったと思いました。農作業は気持ちはあっても、体力に自信がないとダメだなあと思いました。(東京、60代女性)
 
 

 

 

 

 

初めての受け入れ企画です。機械で行う収穫作業を手作業で体験、また人手のいる調整作業のお手伝いをしました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー