夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.180 きちんと手間をかけて商品を作っていく姿に共感!「加工用トマトの収穫」

やさか共同農場(島根県)        2014年8月4日(月)~8月6日(水)

 
8月3日から8月6日まで、やさか共同農場で援農体験をさせていただきました。トマトジュース用の加工用トマトを収穫して機械を使ってトマトジュースのもとを作り、放送するまでの一通りの作業をおこなったり、ビニルハウスで育てている小松菜を収穫し、商品にするための袋詰めをする作業などを行いました。
ひとつの作業工程を行うたびに、きちんと手間をかけて商品を作っていく姿を拝見しました。自分の手元に商品としてくるまでに様々な手間がかかっていることを知り、驚きました。有機農業なので農薬を使用している農家さんよりも大変だと思いましたが、やはり自然にも人にもあまり悪影響を及ぼすことなく、農業を行っていく姿にとても共感が持てました。
そしてやさか共同農場のみなさんが、質問したことに対してきちんと答えてくださったので、ますます有機農業や野菜に興味をもつことができました。
とても楽しかったです。ありがとうございました。(東京、20代女性)
 
 

トマト加工

 

 

 

島根県と広島県の県境にある「やさか共同農場」は首都圏からは遠い産地ですが、全国から若者が集まり、新規就農者が多く、参加した人は感動と共感を覚えます。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー