•  


    alwayshelp
  • 農業塾
  • 中・長期研修 

たくさんの生産者に会える臨場感あふれるフェア!(2018年のフェアの様子)

 

 全体ブース全体の様子

 遊佐遊佐のブース

栃木栃木県開拓農協のブース

 移住きばる、遊佐移住定住相談

FU無茶々園・王隠堂のブース

sutannpu スタンプラリー

 

年2回開催の夢都里路くらぶフェアは、夢都里路くらぶの企画を実施する生産者が一堂に会し、たくさんの生産者に会える、楽しい企画です。
2018秋の夢都里路くらぶフェアが、9月1日に新宿の生活クラブ連合会で30人の参加で楽しく開催されました。
今回は、企画のジャンルを変更し、企画に参加しようとする方が企画を選びやすく、また参加したことが何につながるのかをわかりやすくしました。

第1部の全体会では、栃木県開拓農協の松嶋さんから、新規就農して農薬不使用でニラを栽培しているが、1人で作業しているので、夢都里路くらぶの人たちが手伝いに来てくれて本当に助かり嬉しかったこと、農福連携で障がいのある人と一緒に小松菜栽培(袋詰め)もしているという報告。
(NPO)あした有機農園の湧井さんからは、有機農業塾での落ち葉から堆肥作りの様子や、塾を卒業して就農した人とグループを作って、生活クラブへの出荷が始まったことの報告がありました。
遊佐町の小野寺さんからは、農業を始めたい人に、町から生活費や、住まい(シェアハウス)等色々な支援があること、これまでの研修生の元気な様子などが報告されました。
♥第2部では、今回初めてスタンプラリーを実施し、参加した方たちはブースを回ってスタンプをもらいながら企画の詳しい説明や、産地の様子を熱心に聴き、プレゼントをゲット!生産者も熱い思いをぶつけ、順番待ちも出るほどの活気あふれるフェアとなりました。
参加した方からは、「初めてこの会に出席しました。生産者の方に直接お話しを聞き、援農してみたいと改めて思いました。労働の中身に体力がついていけるか不安でしたが、私でもできそうなことがありそうで、日程を調整してみようと思います。(埼玉、50代女性)」「個別に説明を聞くことができて、質問もしやすく良かったです。(埼玉、20代男性)」「スタンプ(ラリー)があったので、色々な方の話が聞けて良かったです(東京、40代女性)」などの声が寄せられました。
新しい企画のジャンル
<農業体験>
・短期の農業体験でも、実際に畑に入って生産者と一緒に作業をすることで、見えてくることもたくさんあります。
<援農>
・忙しい時期に人手が欲しいという要請に応え生産者からは「助かった!」の声。
<援農で自給力アップ>
・原料を安価な輸入品を使う加工品が主流となっている今、生活クラブは、できるだけ国内で生産された農産物を使って、国内自給力を高めたい!
<産地まるごと応援>
・地域の文化や伝統に触れることで、産地をもっとよく理解でき、好きになる…
<週末農業塾>
<中長期研修>
・実際に農業に関わりたいという人には、農業を学べる講座や研修。

夢都里路くらぶでは色々な企画を通して農業や産地を応援する人を大ぜいにしたい!

秋冬企画参加者募集中です。企画詳細はこちら

   

                                      

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー