夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.147 いろいろな感動と学びがありそうでワクワク!「沃土会夢都里路農業塾」

(有)沃土会(埼玉県)         2013年10月~12月

 
鍼灸師です。身体の基本は食にありと、最近常々考えるようになりました。いかにパワーある食物をいただくかが大切と思います。野菜作りを通して身体を見つめたいと参加しました。今まで野菜作りは難しいと感じるばかりです。農家の方が苦労していること、工夫している所を、じっくり体感したい。野菜作りの楽しさを患者さんに伝えて、一人でも多く日本の自給率を上げる若者を増やしていくお手伝いができればと思ったりしています。
 初日はあいにく雨でしかも2人だけの参加でしたが、矢内代表が良く説明していただきました。
農家の大変さと楽しさ、こだわりが伝わってきました。
3日前に定植されたトマトのハウスを見学し、無菌が一番病気になりやすいから納豆菌、ヌカの発酵液を散布するとのこと。人間の身体の中と同じなんだと納得致しました。
1回ごといろいろな感動と学びがありそうでワクワク楽しみにしています。

また水菜、人参、春菊、カブをお土産にいただき、晩御飯の感動のおかずになりました。
次回も楽しみにしています。
今は足手まといですが農業塾が終わる頃、援農ができたらと思います。(神奈川、50代女性)

 

 
家庭菜園がよりおもしろく、楽しくできるように勉強したいと思い、参加しました。自給自足が少しでもできるようにしたい。弁当、おやつを持参で市民農園の畑へ行く楽しい老後を送りたい。と思っています。(埼玉、60代女性)

 

 
 

オリエンテーション

 

 

 

今期の農業塾は、2名で始まりました。初日は前日の雨のため、オリエンテーションと座学に注力し、最後は圃場の一部を見て回りました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー