• alwayshelp
  • 農業塾
  • 中・長期研修 

20123: 有機栽培米の種まき(JA加美よつば)

【受付終了】
有機米づくりスタート!こだわりのおかきとみりんの原料! (宮城県加美町)

 

4月10日(金)~4月12日(日)

◆高校生以上

有機米は自然環境にも人体にも優しい大変貴重なものです。全国でも珍しく部会組織として生産していまが、年々生産量も減少しています。生活クラブの消費材である三州三河みりん、精華堂あられなどの原料に使用され、生活クラブにも馴染みのある消費材に欠かせない存在です。
有機栽培は多くの作業を要します。栽培管理が難しいため普及も進まず、面積も年々減っています。
生産者の労力を少しでも減らし、有機栽培を安定的に継続し、消費者へ安定供給していきたいです。
自然豊かで田園風景が一面に広がった環境のもとで援農に取組んでもらい、有機栽培の魅力を知っていただきたいです。また、生産者と日本人の主食であるお米についてコミュニケーションを図りながら、有機米の普及に繋げていきたいです。

苗半作とよく耳にすることがありますが、春作業でとても大事な作業が種まきです。最も人手を必要としていますので、多くの方のご参加をお待ちしております。

 
こちらもご覧ください

 

種まき
種まき作業は人力作業です

 

 

おおまかな日程

4月10日(金)
11:00 JR古川駅集合
11:30 オリエンテーション
12:00 昼食
13:00 作業開始
19:00 夕食

4月11日(土)
 8:00 朝食
 9:00 作業開始
12:00 昼食
13:30 作業開始
19:00 夕食

4月12日(日)
 8:00 朝食
 9:00 作業開始
11:00 ミズバショウ散策(変更の場合あり)
12:00 昼食、反省会
    午後  直売所、温泉
15:30 古川駅解散

 

作業内容

有機米・自然栽培米の種まきの補助
(種播き機械に土入れ・苗箱をハウスに並べる作業等…) 他の作業となることもあります
雨天の場合 同様

作業レベル
★軽作業
★★中くらい
★★★重労働


★★

 

持ち物  作業靴、長靴、帽子、作業着、エプロン(あると便利!)、雨がっぱ、手袋(ゴム手袋、軍手どちらもあると便利です)、洗面用具、着替え。4月ですが少し肌寒です。防寒着も御準備下さい。
集合および
解散場所と時間

集合:4月10日(金)  11時00分 古川駅
解散:4月12日(日) 15時30分 古川駅

宿泊場所

農家民宿 おりざの森(食事つき)

募集人数

6名

必要費用

現地までの往復交通費
傷害保険料

受け入れ産地からの補助 宿泊費用、食事代
集合場所までのアクセス

●東京駅→古川駅(東北新幹線 片道11,430円)
高速夜行バス((東京駅八重洲口→ 古川 片道4,300〜7,900円 )
●大阪空港~仙台空港 (旅割片道8,900円)
仙台空港~仙台駅 (片道410円)
仙台駅~古川駅 (新幹線片道1,830円)


※上記は一例です。また時刻・運賃は、変更している場合がありますので、事前に必ずご自身でお確かめください。
参加条件 高校生以上
その他  最終日は加美町指定の天然記念物である荒沢湿原のミズバショウの散策を予定しております。天候・開花時期によってはスケジュールが変更する場合がありますのでご了承ください。
※お礼として有機米など宅配便で発送します。

 

 

 

 

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー