No.112 土作りの大切さを学びました!「沃土会夢都里路農業塾秋作業編」

(有)沃土会(埼玉県)           2012年9月22日(土)~11月17日(土)(秋の農作業実習)
第5回 11月17日(土)

 
土壌づくりを知りたくて参加しました。作業時間が短かいように思いましたが、いろいろ話を伺うことが出来、良かったと思います。実際やってみないとわからないことがいろいろあると思います。(東京、50代女性)

 

 
作り手の顔が見えることで、考えることが多かった。
苗のこと、種のこと、全く知らなかった。
野菜の話をする時、無農薬、減農薬、低農薬を少し理解できたのかなと思っています。
バイオの分野が大きく広がっています。入口に立ったばかりです。わからないことばかりです。農業体験はほとんどありません。野菜への興味は広がりました。とてもよい勉強ができました。また機会がありましたら、参加したいと思っています。(東京、50代女性)

 

 
農薬をできるだけ使わない農業、土づくりについて勉強できることに期待して参加しました。土づくりが大事で、苗を丈夫に作れば、健康な野菜を作れると知りました。色々な智恵を頂きました。農業について、野菜について、今まで以上に考えるようになりました。普段、なにげなく食べている玉ねぎが、細ネギのような苗から、ひとつひとつ植えて、手元に届く形になるんだなと、口に入るまでの様々な過程が少しは実体験でき、良かったです。
地道な作業だと思います。今日は腰がいたくなりましたが、生産者の皆さんは毎日ですね。ご苦労を感じることができました。(東京、50代女性)

 

 
農業について、どの程度できるのか、自分に向いているかが知りたかったので、第1歩としてとてもよかったです。(東京、50代男性)

 

 
土に触れ、元気な野菜に出会えること、生産者の方の日々のご苦労を感じ取ることができたら、と思った。短い期間でしたが、楽しく有意義な時間でした。座学だけでなく、作業の合間、合間に教えて頂いたことが勉強になりました。土づくりに対する、生産者の思いをしっかり感じ取ることが出来、良かったです。
実際に収穫を体験することができ、食卓に並ぶ野菜のありがたみを感じ、食べていこうと思います。また参加したいです。短期集中の講座や土づくり過程が勉強出来たら嬉しいです。(埼玉、50代女性)

 

 
基本の苗作り、土作りの大切さを学びました。
なんとなく、の種まきをもっとよくとりくみたいです。質問にもすぐ応えていただけたので、疑問を持ちこさずに済んでよかったです。土づくりや肥料選びは難しい!ですが、少しずつ挑戦してみたいと思います。(埼玉、50代女性)

 

 
野菜を食べる時、買う時、気持ちが変わったと思います。
野菜を作るには、考えることが多いことに気づかされました。顔が見える野菜を食べることを実感できました。(東京、60代女性)

 

 
春に続き2回目であったが、農業の奥の深さを改めて感じ取れた。現場での作業を通じて、永年の智恵や作業の積み重ねからの創意工夫の必要性を思った。
・沃土会の各会員の援農も得るものが多く、こうした場面を多くした方がよい。
・5000円の受講料は大変にコストパフォーマンスが高いと思う。塾長や沃土会会員の話には永年の経験に基づく有益な情報がある。(埼玉、60代男性)

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

埼玉県深谷市での「農業塾」の第2期「秋の農作業実習」です。10人が参加、毎回、奥の深い農業を実習の中から学びました。
座学は2回で、種子のこと、肥料のこと、土づくりについて学びました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー