夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.092 沃土会の野菜がおいしい理由がわかりました!「沃土会夢都里路農業塾」

(有)沃土会(埼玉県)           2012年4月7日(土)~6月16日(土) 隔週土曜日開講

 
50坪ほどの土地を開墾し家庭菜園をしているのでそこでの野菜づくりに生かしたいと参加しました。もっと長い期間学びたかったですが、とても楽しかったです。植物も人間と同じに、健康が大切、ミネラル(微量成分)が大事だと思いました。(埼玉、60代女性)

 

 
技術を磨き生産者への援農などで生かしたいと思いました。塾長は大変でしょうがもっと長い期間教わりたかったと思います。座学は、中味が濃くて、塾生の方に、知識がなさすぎたため、消化不良。家でやっていないので、もっと実習をしたかった。半日ではなく、1日のスケジュールで実習時間の長い中級編をやりたくなる講座でした。
手と舌で、いろいろ感じることができて、楽しかったです。
プロがいかに手間と頭を使って努力していることか、想像できて勉強になりました。(埼玉、40代男性)

 

 
60坪程度の菜園で主人と野菜づくりをやっているのですが、生活クラブで配達していただいた沃土会のキウリのおいしかったこと!家庭菜園での野菜づくりに生かしたいと参加しました。6回全てに出席することができました。野菜づくりは、大変ですが、楽しく、これまで欲はありましたが、知識がありませんでした。これから本なども見ながら、やっていきたい。沃土会の野菜がとてもおいしい理由がわかりました。(埼玉、60代女性)

 

 
市民農園などで栽培経験があり、家庭菜園での野菜づくりに生かしたいと通いました。初めてビニルハウスを見学して、1年中野菜が取れるのが、勉強になりました。
種をまいてから、収穫するまでの流れを見て、楽しかった。
市民農園で、もっとよい野菜を作りたいと思いました。(埼玉、30代男性)

 

 
土づくりを基本から学びたいと思って参加しました。米ぬかと稲わらの有効性は非常に参考になりました。土づくりについては物理性と生物性、化学性の違いについて実体験的に理解できるようにしていきたい。農業の奥の深さを感じ、まめに手を入れることの大事さを感じました。プロの「土づくり」に対する熱意を理解したというより、大変さを思いました。(埼玉、50代男性)

 

 
プランターでちょっと作っている位なので、もっと初歩の段階の方が良かったかもしれない。
右から左に流れてしまうことが多かったが、楽しかった。
いちばん初めにおみやげに野菜をもらったのが嬉しくて、最後まで来られたように思う。(東京、60代女性)

 

 

 

  
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

待たれていた「農業塾」の埼玉県深谷市での開催です。集まったのは、家庭菜園でじょうずに野菜が作りたい、また技術を磨き援農などで生かしたい、という野菜大好きな6人で、5回の実習と座学を終え、全員塾長の矢内さんから修了証をいただきました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー