夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

(有)沃土会(埼玉県深谷市)

第5回農業塾は猛烈な日差しの中での農作業(2017年7月9日)

玉ねぎ
玉ねぎの収穫

 

 

7月に入り、日差しがますます強くなってきました。
春の農業塾、2017年の最後の回は猛烈な日差しの中での農作業となりました。
今回は、これまで育ててきた、ナスやピーマンのほかに、前回、収穫作業を行った玉ねぎの圃場にて、残りの玉ねぎの収穫を行いました。
畑では、日陰もないので、カンカン照りの陽気の中での作業は、相当な負荷です。
2時間ちょっとの収穫作業でしたが、あっという間に汗だくです。
そんな暑さの中でも、野菜は葉は伸び、花は咲き、実をつけますし、雑草はどんどん伸びていきます。日々の作業に終わりはありません。
涼しさの残る5月から始まり、夏本番を前にした7月で終わった今回の農業塾。
大きな気温差の中で、野菜は強くたくましく育っていくことを感じていただけたのではないでしょうか?(沃土会事務局 茂木俊丞さん)

 

 

 

第4回農業塾は主だった野菜の成長を見届けました(2017年6月25日)

ねぎ
ねぎの定植

 

 

梅雨の季節に入り、当日も早朝から雨模様。…が、始まってみると丁度よく雨もやみ、太陽も見えた第4回の農業塾です。
今回は、収穫真っ盛りのトウモロコシと夏野菜のトマトの収穫作業。そして、冬に収穫するためのネギの苗の手作業での定植と最後にいつもの圃場でのナス・ピーマンなどの収穫作業です。
沃土会が今現在出荷している品種は「味来」。小ぶりですが、甘くて柔らかい品種です。先端を握ってみて、しっかり実が育っているか確認しつつの収穫です。
ネギの定植では、畝に細かく空けた穴に1本1本差していくだけの単調な作業ですが、朝の降雨の影響で湿度が高く、蒸し暑い中での、かがんだ姿勢での作業はなかなかの苦行です。
いつもの圃場では、ナスの実が大きくなり収穫適期。ピーマンもあと少しです。そのかわり、葉物野菜は2週間のうちに虫だらけになってしまいました。(沃土会事務局 茂木俊丞さん)

 

 

 

第3回農業塾は秋に定植をした玉ネギを収穫(2017年6月11日)

玉ねぎ
玉ネギ収穫
収穫
収穫

 

 

好天に恵まれました第3回の農業塾です。
今回は、生産者の従業員とともに玉ねぎの収穫作業の手伝いを行い、そののち、播種した圃場にて育った野菜の収穫を行いました。
今回、収穫作業を行った玉ねぎの圃場。実は、前回の秋の農業塾にて、定植作業を行った場所の玉ねぎなのです。
定植を行ったときは11月の中旬でしたが、半年以上を経て立派な大きさの玉ねぎに育ちました。
この後、多少の手入れをした後、出荷されていくわけですが、農業塾にてその一端を担えたことに、何か感慨深いものを感じます。
播種した圃場では、葉物野菜を含めラディッシュなどの根菜野菜も大きく育ちました。
気温もどんどん上がって、虫の活動も活発になっているため、葉には虫食いのあとも見られますが、大きな被害は見られません。
収穫した箇所には今後のためにモロヘイヤを植えてみました。
あと2回の農業塾でどういった生長を見せるのでしょうか?(沃土会事務局 茂木俊丞さん)

 

 

 

雨模様から一転、すがすがしい好天となりました、第2回の農業塾です(2017年5月28日)

観察
観察

 

 

3日連続の雨模様から一転、すがすがしい好天となりました、第2回の農業塾です。
今回は、ネギの圃場にてネギの花の摘花と、ネギ苗の植え付け作業を行っている生産者の説明を聞きました。
その後、前回播種した圃場にて、育ってきた野菜の間引き、周りの雑草取りと、レタス・大根の収穫作業を行いました。
ネギの植え付けでは、鉛筆のように細い苗を機会にのせて、1本1本丁寧に植えていく作業となります。
今は細くとも、やがて太くなり土をかぶせていくことで、冬には甘くておいしいネギへと成長していきます。
播種した圃場も、種が順調に育ち、種類がわかる程度に葉も大きくなってきました。今後の成長が楽しみです。
ちなみに、前回の農業塾で玉ねぎの定植を行いましたが、順調に大きくなりました。もうすぐ収穫となりそうです。(沃土会事務局 茂木俊丞さん)

 

 

 

春の農業塾、なす・ピーマンの定植に加え、恒例のお好みの種の播種で始まりました。(2017年5月14日)

種まき
種まき
ナス
ナスの苗を定植

 

 

前日の長雨も何とかあがり、程よい気温での春の農業塾の初回となりました。
今回は、オリエンテーションののち、最終回まで育てていく野菜の植え付け。最後に圃場観察でした。
植え付けでは、なす・ピーマンの定植に加え、恒例のお好みの種の播種です。
いつもなら、さらさらの土を軽く掘り起こして、定植・播種を行っていましたが、農作業にいつもどおりはありません。
圃場には入ることはできたものの、昨日の雨の影響で土が固まってしまっており、思うように土が掘り返えせず、植え付けや播種にも難儀する始末。
そこは矢内さんの指導のもと、水を含んだ土での播種の仕方などを説明してもらいながら、農作業を行っていきました。
今後、定植・播種した野菜は、どういった生長を見せていくのでしょうか?(沃土会事務局 茂木俊丞さん)

 

 

 

(有)沃土会

1981年正直村の生産者として有機栽培微生物を利用した農法を開始、82年から生活クラブとの提携が始まりました。
土つくり:有機栽培、微生物利用の農法。稲わら・落ち葉、モミ殻・モロコシ基葉・牧草ソルゴーを緑肥として、油粕・米ヌカ・魚粕・骨粉・貝殻粉に微生物を与え、土中堆肥とします。牛糞・豚糞堆肥は多肥栽培を要する品目。防除・農薬:土壌の殺虫、殺菌剤、燻蒸剤は使用しない。発芽・幼苗期の害虫対策として幼苗期に1~2回防除。秋冬野菜は播種期の害虫対策として、一般より遅く種をまくなど、できるだけ低農薬を目指している生産者グループです。。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー