夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.082 木村秋則さんからの指導による農法!「有機自然栽培米の種まき」

JA加美よつば(宮城県)                           2012年4月7日(土)~4月10日(火)、4月14日(土)~4月17日(火)

 
初日には、精華堂さんの工場見学をして、あられ、せんべいの米の産地、ビデオにより原材料のお勉強をしました。
種まきの作業は、有機米と自然米を器具、機械を使って種まき。種がまかれたプラの枠を移動してまた、それをハウス内にシートを広げたところに隙間なく並べるというもの。その他にはハウス内のほうれん草の収穫、大風で飛ばされたハウスのビニル張りの手伝いをしました。「自然栽培」のお話をお聞きできて、木村秋則さんの御本を頂いて参りました。素晴らしいところで、素晴らしい方々にお会いできたこと、感謝しています。宿泊場所の「おりざ」の料理が大変良かったです。(東京、70代女性)

 

 
「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんから指導を受けたということもあって、参加しました。作業予定だった農家さん訪問で、木村秋則さんに学んだ自然栽培についての話が聞けて良かったです。
作業については加美よつば農協の担当者と一緒に作業したので、心強かったです。農家さんにもいろいろと心遣いいただき、仕事の疲れが癒されました。(東京、60代女性)

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

加美よつばでは、トマトや白菜の援農に続き、お米の企画を初めて実施しました。生活クラブの消費材である精華堂のあられは、加美よつばの有機・自然栽培のお米が原料に使われています。あられの工場見学から始まり、「奇跡のリンゴ」で有名になった木村秋則さんの指導を受けた生産者のところで、米づくりの第1歩である米の種まきを行いました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー