No.065 非常に哲学的な作業でした!「紅玉りんごの葉摘み」

JAさくらんぼ東根(山形県)               2011年9月18日~23日

 
紅玉りんごの周りの葉を摘む作業は、太陽の光が当たるように、日焼けはしないように、反射シートの下からの光が有効であるように、瞬時に判断し、まとわりついている葉や他の枝の葉を摘んでいくという非常に哲学的な作業でした。(神奈川、60代男性)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

インゲン

 

 

 

 

 

 

紅玉の葉を摘む作業は、地味ですが、りんごの色をつけるために行っている作業です。生活クラブでは、フジりんごの一部で、「葉とらずりんご」の取り組みも行っています。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー