夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 取材記

No.057 農業や加工の実践と地域の人たちとの交流も!「 やさか農村塾」

西日本ファーマーズユニオン中国 やさか共同農場 (島根県)     2011年4月~

 
4月11日(月)より、農村塾が正式にスタートしました。 (到着したのは6日の午後で、翌日から作業に入っていました。) 毎朝の収穫(コマツナ・ほうれん草)、集出荷や畑の準備、生活クラブへ届ける鷹の爪の選別など、 共同農場のみなさんに教わりながらやっています。 ジャム用苺の栽培もこれから忙しくなるとのことです。 
農村塾の第一段階として、3つの柱を用意していただきました。
 ●自給畑で栽培を実践する。
 ●地域の農家からの集荷を通して、農家の方々や地域の方々と交流する。
●農産部門だけでなく、加工も経験する。
 これら、共同農場での仕事を一通り経験した上で、今後の計画を立てていくことになります。(4.12東京、20代女性)
 
 
 
 
 

塾生

トマト定植

 

 

 

 

 

夢都里路くらぶの農業塾として始まった「やさか農村塾」2011年度は4月から1年間の予定で女性の塾生が実践を始めました。忙しい毎日ですが、報告を寄せてくれています。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー