No.053 草取り検定で5級をいただきました!「遊YOU米」無農薬田の草取り

JA庄内みどり遊佐支店 (山形県遊佐町)     2011年6月20日~22日

 
田圃に入って草取りをするのは初めての経験であった。田圃にはオタマジャクシから孵ったばかりのまだ尾の有るカエルや、水面をアメンボのように走り回る蜘蛛が沢山泳ぎまわっていたが、その数が多いことに感心した。少し腰を屈めて,深く埋まった足をゆっくり引き抜き一歩一歩進みながら苗と苗の間の雑草を泥の中に埋めていく。この姿勢を保持するだけで腰が痛くなり、次の日は下肢の裏側が痛くて起きたり、座ったりするのが難儀であった。半日で一畝と半分しか進まず,この作業の大変さを実感した。除草剤を使わず、除草することが如何に重労働であるかまた,困難であるか身をもって知ることが出来た。無農薬農業を実現するためカルガモを利用したり,深水管理など多くの試みが為されていると教えられた。実際カルガモ農法を取り入れている水田も見学させていただいた。このような努力が継続され、さらに新しい方法が見つけ出されるよう、我々消費者はこのようなお米を買って、そして食べていくことがそのような努力の継続に重要であることに思いを馳せた。(神奈川、70代男性)
 

遊YOU米の産地が見たくて参加しました。田んぼに入って草を取るというよりは、両手でかきまわして、小さい雑草の根を浮かせると共に、稲の根に空気を送る作業でした。
小学校の生徒やJAの方々と一緒に田んぼの生き物調査に参加し、生物や植物を採取し、名前や特性などを学びました。
良かったことは、
1.生産者やJAの方々の農業にかける熱い思いを直に知ることができた。
2カントリーエレベーター、風力発電、鮭の孵化場、農器具の実物、田んぼで働くアイガモなど、様々なものを見せていただいたこと
3.遊佐のすばらしい自然に触れることができたこと
4.おいしい山海の美味をたくさんいただけたこと
5.草取り検定で5級をいただいたことです。
(神奈川、60代女性)

 
草取り検定を受けたかったので参加しました。遊佐という所は、山もあって、海も近い。気付けば田んぼにカモメが!なんてことも。田んぼの中にはいろんな生き物がいます。2回しか行ったことがないから新発見することがたくさんあります。遊YOU米を食べている方は是非、参加してみてはいかがでしょう?2日間の草取りと、草取り検定で、臀部から後ろ腿にかけて、椅子に腰かけるのが辛いほど筋肉痛になりました。(神奈川、20代女性)  
 
 
 
 

田んぼの草取り

草取り検定合格書

 

 

 

 

 

今年は、春先の低温で草の生長も遅れ、1回目の企画は中止となりました。2回目には3名が参加。念願の「草取り検定」に皆で挑戦し、全員5級を取ることができました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー