夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 取材記

No.052 堀りたてはみずみずしく美味しい!「春人参の掘り取り」

栃木県開拓農協 (栃木県小山市)     2011年6月10日~12日

 
・人参を掘り、葉と根を切りコンテナに入れる
・人参を生活クラブ用800gに測り、生産者カードを入れ袋詰めし、生活クラブのコンテナに10袋ずつ詰める。
・市場に出す、サイズ分けした人参の箱をホッチキスでとじ、サイズのところにスタンプを押す。という作業を行いました。
 人参掘りは思っていたより楽しかった。1日目に生産者の梅山さんにお手本を見せていただいて、抜いてみましたが、葉っぱだけとれてしまうことがありました。梅山さんがおっしゃるには、雨が降れば抜きやすくなるということでした。
・3日目、昨夜雨が降ったということもあり、抜きやすい人参掘りの体験をさせていただきました。梅山さんのおっしゃる通り、いっぺんに2本引いても葉は切れることなく、楽しく掘ることができました。また、堀たての人参はみずみずしく、いつもと違っておいしかったです。(栃木、40代女性)
 
 林に囲まれた人参畑は本当にきれいでした。大きな畝に柔らかい土で両手で一度に4,5本抜けます。最低限の農薬でこんなにのびのび育つなんて、土はさらさら、しっとり、深くて、畑の土ってこういうものなんですね。
 体験とはいえ、少しでも役に立ちたいと思いながら作業し、受け入れ農家の梅山さんに助かったと言っていただけて、嬉しかったです。 一方組合の方に食事の度ごとや歓迎会へと店に連れて行っていただき、恐縮しました。受け入れ側にとり、何が負担で何が楽なのかは図りかねますが、こちらとしては最小の寝食のめんどうをみていただければと思っています。(埼玉、60代女性)  
 
 
 
 

人参作業

人参作業

 

 

 

 

 

参加者2名のうち、1名は地元、栃木単協の組合員。楽しく人参の収穫を体験しました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー