夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

 栃木県開拓農協(栃木県)

天候と収量が少なかったため、1日で収穫作業が終了!(キウイフルーツの収穫 16年11月)

キウイ
1日目は問題なくキウイフルーツの収穫体験を行うことが出来ましたが、1日で収穫作業が終了してしまいました。(天候の関係であらかじめ収穫していたこと、昨年に比べて収穫量が少ないことにより)そのため、2日目以降は別作業で収穫したキウイフルーツの選別作業を行ってもらいました。
収穫時期のずれや収量が少なかったとはいえ、収穫体験が1日のみで終了になってしまったので申し訳ないと思っています。(栃木県開拓農協 高田さん)
 

 

現場を見てもらえる非常にいい機会!(キウイフルーツの収穫 15年11月)

キウイ
1日目は朝から雨だったので、キウイの収穫はできませんでした。そのため、皆できゅうりの袋詰めを行っていただきました。
2日目は快晴となり、朝からキウイの収穫をしていただきました。昨日の雨の露が残っており、収穫時に上から落ちてくるので少し冷たかったようです。3日目も引き続きキウイの収穫を行いました。疲れがたまってきているようでしたが、一生懸命作業していただき非常に助かりました。
夢都里路くらぶは消費者に作っている現場を見てもらえる非常にいい機会だと思います。(栃木県開拓農協 高田さん)
 

 

栃木県開拓農協

・平成4年より生活クラブ生協との取り組みが始まりました。
取り組み当初は、レタス・きゅうりの2品目でしたが、現在はキャベツ・きゅうり・ブロッコリー・長ネギレンコンの5品目を生産しています。
農産物を出荷している生産者の中には、黒磯米を生産している『どではら会』のメンバーも含まれています。
那須高原の自然の恵みを利用して、有機質肥料等を使用し、土壌の改善にも努めています。
要改善農薬削減に向けた取り組みもしています。
夢都里路くらぶの取り組みは2010年から始めました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー