夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.353 農業に対する想いが情熱的!「ジャム用いちごの収穫&葉物野菜」

西日本ファーマーズユニオン中国(やさか共同農場;島根県) 2018年5月22日(月)~ 5月24日(木)

 
一日目はオリエンテーションのみで、やさか共同農場の成り立ちから生活クラブとのつながり等々、佐藤社長から直接伺いました。
二日目は、朝から、あいにくの大雨で、、午前中は、車で、トマト、唐辛子等々の圃場を見学、それぞれの作付での工夫のお話を伺い、また仕込み中のお味噌の現場を見せて頂きました。
室内作業所で、唐辛子(鷹の爪)の、袋詰めをしました。
台の上に広げた、乾燥済みの唐辛子から、傷や痛みのないものを選り分け、規定の分量(多分3.2グラムから3.6グラム)になるよう、料理用の秤で計量し、袋に詰めました。
午後は、小松菜の収穫をハサミを使って、ハウスで行いました。
三日目は、天気も回復し、いちご畑で畝ごとに、ゴム手袋をして、手で一粒づつ収穫し、手元のかごにいれ、ある程度の量になったら、秤の近くの収穫量を計る所定の容器に移し替えました。
腰掛用の作業カートをご用意頂き、腰への負荷が軽減され、助かりました。

共同農場は、職員の皆さんがそれぞれの持ち場を、情熱を持ちつつも静かに全うされている姿が、印象的でした。
タイから来ている4人の女子研修生達が、きれいな日本語で職員と応対し、仕事をこなしているのには、感心しました。
研修生との自炊と食事も、地域での販売の工夫など、農業に対する思いを聞く機会になりました。 (東京、60代女性)
 

 

 

ジャム用いちご

 加工用イチゴを収穫

 

≪受け入れ生産者の声≫
今年はイチゴの収穫を予定していた日が一日雨だったため急遽タカノツメの包装をやってもらいました。
今回参加してくださった方は他の企画にも多く参加されていたようで、その時の様子を話していただき、今後の企画や援農にきてくれた会員さんへの対応にとても参考になりました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー