18218: ガッツリ農産加工、畑から工場まで(西日本ファーマーズユニオン中国)

 New 新規就農や農業研修の希望者や農村移住をお考えの方、是非! (島根県浜田市弥栄町)

 ◆2018年4月~2019年3月で、最短 6日以上滞在

やさかは、国道もない、信号もない本物の田舎です。
やさか共同農場は、昭和47年に無農薬農産物を生産、販売する産直運動と過疎村の復活を目指したワークキャンプ活動で、スタートしました。冬場の大雪でも可能な仕事として味噌製造を柱にした農産加工に着手しました。
現在地元のJA、集落営農組織と共同して、水田の転作作物として、減農薬や有機栽培の水稲、大豆、大麦を20 ha以上栽培しています。
また、益田市高津町の国営パイロット圃場10haを確保して、施設野菜80aを含めて約30haの有機JAS認定圃場で有機農業を実践しています。
この有機農業生産法人をさらに充実させるために、近畿地方や四国・九州の生産者との生産出荷業務の事業連携に取り組み、有機農業や農産加工を志す仲間の育成を行っていきます
地域内で多くの新規就農者が取組んでいます。ほとんどの作業が、人力になります。人手不足で大変ですが、ありのままの生産現場を体験してください。皆さんに来ていただいて、人と人が畑で交流し想いをぶつけることで、地域や生産者の活力に繋げていきたいです。作る人・食べる人、それを伝える人が同じ空間で汗を流すことが、これからの地域社会を楽しく豊かにできると信じています。
 

こちらもご覧ください 

  島根県浜田市弥栄町はこちらです
やさか共同農場のHPはこちら
 


 

研修

 葉物

 

 

受け入れ可能な日程と作業内容

4月~6月    トマト・唐辛子・ポップコーンなどの定植、田植え、葉物野菜の収穫など一連の管理作業イチゴの収穫

7月~9月    トマト・ポップコーンなどの収穫作業。葉物野菜の収穫。トマトジュース加工

10月~12月   唐辛子・大根・葉物野菜の収穫。切干し大根加工。お味噌の仕込み

1月~3月    お味噌・甘酒の仕込み。葉物野菜の収穫。雪かき

 

 

作業内容

野菜の植え付け、収穫・管理、加工品の製造作業等

日程 2018年4月~2019年3月
※最低6日以上の日程でおいでください(準備の都合上、2週間以上前に申し込みをしてください。要相談)
持ち物
作業着(長袖)、長靴、着替え、洗面用具、保険証など
山の中なので、朝夕は寒いですよ
集合および
解散場所

「浜田駅」 または 「益田駅」または「萩石見空港」(いずれかまで送迎します)

宿泊場所

やさか共同農場 2階宿舎(宿泊は相部屋になる事もあります。(男女別)) 

募集人数

2名

必要費用 現地までの往復交通費、傷害保険料
集合場所までのアクセス


● 新幹線:東京~広島 (往復約36,000円)

高速バス: 広島~浜田駅(往復約6,000円)
●空路:羽田空港~萩石見空港(往復約40,000円)

その他 体験型の援農ではありません。未成年の方は必ずご相談下さい。
農村・農業研修生「農村塾」の募集も行っています。新規就農や農業研修の希望者または農村移住をお考えの方は是非、参加してみてください。

 

 

 

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー