夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.330 収穫後の出荷作業が主でした。 国産唐辛子「鷹の爪」の大収穫

西日本ファーマーズユニオン中国(やさか共同農場;島根県)   2017年10月10日(火)~10月13日(金)

 
作業をやってみたかったので参加しました。唐辛子の収穫後の出荷作業を主に行いました。作業は軽作業でよかったです。
(大阪、40代女性)
 

 

 

パプリカ

鷹の爪の畑

 

 

<受け入れ産地の感想>
毎回、農家ではない視点からの意見や感想を聞くことが出来るので農業や日頃の作業への考え方、やり方に幅がを持つことができます。今回は援農期間が短くあっという間に終わってしまった感覚がありますが参加してくださる方には慣れない環境で慣れない作業をしてもらうのでこのくらいの期間がちょうどいいのではないかと感じました。(やさか共同農場、杉山さん)

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー