夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.316 田んぼは雪の中を歩いているよう !! 「遊YOU米 無農薬田の草取り」

JA庄内みどり遊佐支店(山形県)          2017年6月14日(水)~6月16日(金)

 
数年前、遊YOU米の種まき作業を体験しました。今回、無農薬田の草取り作業を体験しました。お米が出来る流れの一部分に触れられました。
最初、私は田んぼの中を歩くことが精いっぱいでした。雪の中を歩いているような感覚でした。また、稲と雑草のヒエの見分けがつかなくて見落としていたかと思います。身体がやっと慣れたところでした。
生産者の佐藤さんご夫妻は、やさしく丁寧にご指導してくれました。遊YOU米は、生活クラブと遊佐が締結して作られているお米だと知りました。また、生活クラブの米生産地の中では、最も歴史が長くて40年以上も続いていることも知りました。日頃、私が食べているお米について多くのことを知る機会になりました。
宿泊先の「しらい自然館」・佐藤さん夫婦・JA職員の今野さん・その他関係者の皆様に、この度大変お世話になりました。(東京、30代女性)

 

 
星空が見えた。
鳥海山は海底まで裾野があり、そこからの高さは富士山を凌ぐ4000メートル以上の素晴らしい山です。遊佐のお米は鳥海山から一番初めに流れてくる清い水をたっぷり吸ったお米です。
今回の田圃の草取りはお米の大敵、ヒエや金魚の水槽に入れるホテイアオイの様なオモダカやコナギの雑草をしっかり取りました。
遊YOU米はかめばかむほどジワジワお米の甘さ、美味しさがしみて来て、私は遊YOU米がとても好きです。
今回の援農、無農薬米の田の草取りの仕事について、私は農家で一番大変な作業だと思います。この作業をこなせば、他の農作業も素人考えでできるように思います。
今回は、草に対しての管理を良かったのか、雑草のスズメノテッポウも目立っていましたが、雑草が少なくスイスイでした。お土産に草取り検定で段をいただきました。(埼玉、70代男性) 
 

 

 

 草取り

田んぼに入って手で草取り

 

 

 

<受け入れ生産者の声>
例年より雑草が少く、天候にも恵まれ佐藤清さんの田んぼで丁寧に作業をしていただきました。初めての方も生産者の隣でよく話を聞き、体全体泥だらけになりながらも頑張っていました。草取り検定試験は2人とも好成績で、リピーターの方は見事に昇格いたしました。なかなか大変な作業ですが、とても充実した2日間でした。ありがとうございました。(JA庄内みどり遊佐支店 今野毅彦さん)
●農薬をかけないで米を作るということが、現場ではどんなことになっているのか!ということが垣間見える企画です。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー