夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.314 急斜面での作業は、歩くのもおぼつかない!「いつでも援農、本気で農業体感」

西日本ファーマーズユニオン四国(無茶々園;愛媛県)         2017年5月26日(金)から6月4日(日)

 
出身が愛媛県なので無茶茶園のある明浜町の風景に心惹かれ参加しました。段々畑での、みかんの苗木まわりの草取り、摘蕾を行いました。
急斜面での作業は、歩くのもおぼつかなく、そこで作業をされている生産者のご苦労が身にしみて分かりました。農薬に頼ることなく、1本1本いとおしみ、大事に大事に手当しました。暑かったですが、時折、海から吹く風を心地よく感じ、山の上から見る狩浜地域とリアス式の海の風景が疲れを吹き飛ばしてくれました。
1週間の援農の予定でしたが、自分の不注意でけがをしてしまい途中何もできず、皆さんにご迷惑をおかけしてしまったことを、大変心苦しく思っています。にも関わらず『また来てください』の温かい声かけがとてもうれしかったです。また、挑戦したいです。(埼玉、50代女性)

 

 
みかん畑、ブルーベリー畑、人参畑の雑草取り、みかん摘蕾、玉ねぎヒゲ切り、梅干しの袋詰め、梅干し樽洗い等をしました。
色々な作業出来たこと、地域のレクレーションへの参加、色々な人との出会いがあったこと、景色が素晴らしいです。(長野、40代女性)
 

 

 

 いつでも

段々畑

 

 

日にちを都合に合わせて設定して参加する「いつでも援農」にちょうど日程が重なった2人の女性が参加しました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー