夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.313 高価な作物の収穫をさせていただき感謝!「さくらんぼの収穫・箱詰め・パック詰め」

JAさくらんぼ東根大富支所(山形県) 2017年6月9日(金)~6月22日(木)

 
さくらんぼ収穫は、脚立の上での作業で誤って落ちないか心配になりました。でも、一つ一つ実がなっているさくらんぼを順番に取っていくことはやりがいを感じました。気温は、暑くも寒くもなく丁度良かったです。ただ、早朝5時からの作業で、早起きは慣れるまで一苦労しました。生産者の植松さんは、一年の中で最も忙しい中で私たち組合員を受け入れていて、私がどこまで役に立ったか分からないです。
毎日、さくらんぼを食べられてとても幸せでした。こんなに食べたのは、人生で始めてかもしれないです。また、機会があればぜひ再challengeしたいと思います。この度は、貴重な体験をさせて頂き本当に有り難うございました。(東京30代女性)

 

 
真っ赤になっているさくらんぼはルビーのように可愛らしく収穫する楽しさを大いに感じました、受け入れて下さった生産者のお宅は居心地よく快適に過ごさせ頂きました。(長野40代女性)

 

 
朝5時から夕方迄での作業 心配がありましたが無事帰宅出来安堵
最初は皆 素人 とご主人がおっしゃって下さり 高価な作物の収穫をさせていただき感謝いたします。参加者の方々ともお話が出来 有意義な日々でした。ありがとうございました(東京、60代女性)

 

 
さくらんぼ収穫(①素手によるさくらんぼ収穫と運搬、②色付促進用反射シート撤去)、
リンゴ摘果(強い実を残し、弱い実等を素手で除く)、出荷用段ボール箱の組立
さくらんぼ成育は約1週間遅れたが、天候にも恵まれて豊作見込み。また、予定外のリンゴ摘果も経験できました。(神奈川、60代男性) 
 

 

 

 さくらんぼ

 さくらんぼ

 

 

 

 

<受け入れ農家の声>
今年は受け入れ人数を増やして受け入れ、初めての方でも上手くでき、大変助かりました。来年からは、3クールの受け入れを検討します。(JAさくらんぼ東根 受け入れ農家の植松孝光さん)

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー