夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.311 オートメーションシステムに驚き! おおらかで「広大な牧草地帯で酪農体験」

JA中春別(北海道)   2017年6月14日(水)~6月16日(金)

 
牧場見学、哺乳瓶設置作業、牛床清掃、搾乳作業をしました。
・牛と触れ合えたこと。
・思いがけないハプニング(牛の病気や脱走事件)で実際の酪農家さんの苦労が垣間見えたこと。
・どんな方達がどういう気持ちで牛乳や乳製品を作っていらっしゃるのかを聞くことが出来たこと。
などとても印象に残りました。本当によくしていただいて、逆に心苦しい気持ちでした。今回初めての援農体験で、初めての方達とご一緒するのは少し緊張しましたが、ご一緒した方達もさすが生活クラブの組合員さんだけあって、とても話しやすく楽しい日々をすごすことができました。
本当にお世話になり、ありがとうございました。 (東京、40代女性)

 

 
子牛授乳器配布・洗浄のお手伝い。子牛小屋の清掃。搾乳。の作業をしました。
未来牧場という名の通り、オートメーションシステムに驚きましたが急ピッチで進んでいると感じました。学校に通いながら研修生として働く女子高生の意欲や子育てしながら働く夫妻・・朗らかな環境を感じましたしその環境の良さから移住が増えていくと思いました。相手は生き物なので想定外のこともありました。作業が見学に・・なんて事態もありましたが受け止める大らかさに学ぶものがありました。小屋の清掃は重労働ですが少しお役に立てたという充実感があり子牛が気持ちよさそうに寝てる姿を見られてとても嬉しかったです。搾乳はやはり一番楽しい作業でした。伊藤牧場の奥様はとても優しく牛が安心するように声を掛けて下さって私もその声掛けに安心して搾乳出来ました。みんなにとは思いますが上手と言われて嬉しかったです。搾乳後、熱いタオルで拭いてあげる時ははありがとうという気持ちで丁寧に拭かせてもらいました。何頭も経験させて下さって感動で泣きそうになりました。搾乳したミルクを沸かして飲ませて下さいました。雑味のない甘みで美味しかった!!(東京、50代女性)

 

 
酪農体験を以前からやってみたかったので参加しました。
作業は、子牛の藁床の清掃、寝床の整備、哺乳瓶による授乳の見学、手伝い、搾乳作業体験、牧場見学、エサの草の整備などでした。
見渡す限り牧草地帯の北海道の美しい景色、牧場。牛の好きな人には、癒される日々を過ごせます。とても楽しかったです。牛の成育により、3つの牧場を見学することができました。宿泊施設は新しくてきれい。農協の方が忙しい中とても親切にしてくださり、また美味しい牛肉のBBQもいただくことができました。牛乳、牛肉ができるまでの酪農家の仕事や苦労を知る機会となり、生産者に感謝の気持ちをもって食べていきたいと思いました。高くても買います!? (東京、50代女性) 
 

 

 

 乳やり

乳やり

搾乳

搾乳

 

夢都里路くらぶ唯一の、動物相手の作業です。今年から、宿泊と作業が、農協出資の「(株)なかしゅんべつ未来牧場」となりました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー