夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.307 毎日笑顔で楽しく過ごすことができました。「柿の摘蕾(芽摘み)作業6日」

西日本ファーマーズユニオン関西(王隠堂農園;奈良県))        2017年5月15日(月)~5月20日(土)

 
作業内容は①柿の芽摘み作業(大きくて美味しい柿だけをつくるため、一枝に一番良い蕾だけを残し、他の蕾や新芽を指で摘み落とす)②薬草やトマトの定植(指で行なう)でした。
王隠堂柿芽摘み作業は2回目です。天候に恵まれ怪我も無く作業できました。薬草やトマトの定植も経験できました。
ユニークな参加者に出会い、毎日笑顔で楽しく過ごすことができました。
生産地の援農しおりが写真もあり分かりやすかった。また、早めの送付で助かりました。(神奈川、60代男性)

 

 

 
斜面そして脚立の上での摘蕾作業 初めての経験なのでお手伝い処か足手まといで御迷惑をかけ 申し訳ございませんでした
  小路さんには早くからお電話を何回もいただき 夢都里路クラブ初参加 そして参加者2人だったので 事前に色々お話が聞けて 心強かった。 滞在中も色々お世話になり本当にありがとうございました。(東京、60代女性)
 
 

 

 めつみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の王隠堂の柿の芽摘みは、短期の見学も含む企画と、長期の謝礼つきの2企画です。いずれも斜面に脚立を立てるのは、慣れていても難しい判断が求められます。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー