夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.303 少しずつ楽しみながら覚えていきたい 「沃土会農業塾17春(1)」

(有)沃土会(埼玉県)    2017年5月14日(日)

 
ピーマンやナスの定植、葉野菜の種まきをしました。①野菜を育てるには、土・水・太陽が重要だということ②土質(酸性・アルカリ性)に左右されるということ③種付けから収穫まで1年近く要すること④マルチの種類と効果などを知りました。農業と自然は一体だということを感じ、興味深かったです。(埼玉、30代男性)

 

 

 
なすピーマンの定植と小松菜・宮内菜・赤カブや葉野菜の種まきをしました。なすの接木やマルチの使い分けが分かりました。
(埼玉、60代男性)

 

 
風、方向によって虫がつきにくいなどあり、野菜の種類での植え方順がある発見できました。苗の植え方がまだ良く分かりません。大きくなるサイズが分からないので、今後の成長で確認していきたいです。とても詳しく教えていただきとても勉強になりました。
野菜の特性など突き詰めていくと奥が深いですが、少しずつ楽しみながら覚えていきたいです。
(埼玉、30代女性) 
 

 

 

 種まき 種まき
苗
ナスの苗を定植

 

 

春の農業塾は、野菜の種まきや、苗の定植から始まります。自分の管理圃場を持ち、収穫まで見ていく中で、たくさんの事を学びます。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー