夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.294 山と海の一連と海の畑作りが見られました 「段々畑のみかん山&海体験」

西日本ファーマーズユニオン四国(無茶茶園;愛媛県)   2016年12月9日(金)~12月11日(日)

 
宇和海で生産される真珠について説明していただきました。室内で真珠を100個単位で数える作業をしました。
宇和海でのちりめん漁は自然環境を守ることによって(みかん山の減農薬、無農薬を進めた事で)健康なちりめんが出来るというお話をしていただきました。網にわかめの芽をつける作業もしました。宇和海にわかめが生育するように。
みかんの収穫は、2班に分かれて作業をしました。虫の被害、山の作業のこと、生産者の方の夢を聞かせてくださいました。穏やかな宇和の海を見られるだけで、大変幸せな気持ちになりました。
生産者の自然に敬意を払い、地域の方と共に生き、仕事に誇りを持って取り組んでいる姿に、とても心を動かされました。無茶茶園(生産者グループ)の皆様には、三日間大変お世話になりました。(千葉、50代女性)

 

 
みかんの収穫やわかめの種付けをしました。祇園丸さんで、無茶々の原点・基盤となる思想を語っていただいた点がよかったです。
懇談会で無茶々の第二世代と出会えたことで、バトンタッチが円滑に出来ていると感じました。(千葉、60代男性)

 

 
段々畑のみかん、網元のちりめん、アコヤガイの育成と真珠作り。そして、海を耕す体験として、わかめの畑作りを見てきました。
みかん畑は低農薬、有機肥料を使用して、水質の保全に努め、海のプランクトンに栄養がある水を流して、海草や小魚を育てます。一連の海の畑作りが見られました。興味ある体験ができました。(東京、70代男性)

 

 
佐藤真珠では、真珠を100個ずつ数えて袋に入れる作業をしました。
祇園丸ではわかめの種糸(2cmぐらいに切った物)をロープに結束バンドでとめました。
農作業体験は、みかん園でみかんの収穫。斜面でなく、足場が良くて作業しやすかったです。
どの生産者さんも、真摯で熱い方達でした。作業のほかにお楽しみ的なことも盛り込んでくださり楽しかったです。
佐藤真珠では目の保養。真珠の製品をいっぱい見せてもらいました。
みかん園では高台へ連れて行ってくださったので、のどかな瀬戸内海風景が見れました。(京都、60代女性)
 

 

 

 みかん山

みかんの収穫

 

 

 

海と山の作業を体験しながら、そのつながりを知る企画、好評です

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー