夢都里路VOICE

  • 参加者の声
  • 生産者団体の声
  • 取材記

No.292 やはり、体験に勝るものはないです。 「 おいしい・美味しいミカンの収穫」

(農)紀州果宝園(和歌山県) 2016年11月25日(金)~11月28日(月)

 
一本の木からみかんを全部収穫する。採り終わったら、また次の木に。箱詰めまでの流れ作業中にカビや出荷不可能なみかんを取り除く作業をしました。日曜日がまる1日作業が出来ず、マーマーレードつくりをしました。1軒でなく2軒に行ったので、農家の取り組みの違いが分かりました。初参加でしたが、今までの行ったところと違って、いかに皆が協力しているかが良く分かりました。(東京、60代女性)

 

 
①収穫(専用ハサミでみかんを収穫し、かごに入れコンテナで運搬)
②みかん選別(自動機により大きさや重さ等で分別。コンテナで運搬、保管)
③ママレード作り(八朔の実や皮に砂糖を加えて加熱。ガラス瓶に保管)を行いました。
細かな安全実地教育が行われたので、新人も含め、怪我やトラブルはありませんでした。
雨の日も農作業(屋内でママレード作りやみかん選別)ができました。農作業や懇親会を通して、生産者との相互理解を深めることができました。
また、地元産の美味しい果物や野菜料理及び魚料理を多く食べることができました。地元産ゆずやイチジクもいただき、美味しさや安全性を家族や知人にPRできました。
みかん収穫量は例年より少ない見込みで、人手不足で収穫作業が遅れていました。野菜の新しい保存方法を教えてもらえました。 (神奈川、60代男性)

 

 
やはり、体験に勝るものはないと思いました。民泊のお家の方のお話やら、みかん農家の方と一緒に農作業をしながらのお話から、今の農業の現状を知ることができました。いつも、低農薬・有機栽培で美味しい美味しいと安心して食べさせてもらっていましたが、食べるのは一時で、それまでに、計り知れない地道な努力があることを知り、頭が下がる思いです。又、一番忙しい収穫期に受け入れて下さり、感謝すると共に、お手数をおかけして申し訳なく思います。皆様、健康に気をつけて、無理のない様にと願います。ありがとうございました。(兵庫、60代女性)

 

 
前を見ても、後ろを見ても、横を向いてもみかん山、みかん山。さすが紀州みかんの生産地の広さを感じました。生産者の方々の大変忙しい時期に、足手まといになる私達を受け入れ、体験させていただきありがとうございました。
みかん畑のイノシシ対策に電気柵が設けてありましたが、イノシシの鼻で地面が掘り返されたり、からすによる被害などを見てきました。夕方、作業を終えて帰る道ではイノシシに出会えました。
夕食は自炊ということで、皆様たちと一緒に作りながら、おしゃべりしながらで、楽しかったです。 (東京、70代男性)

 

 
みかん狩りとマーマレード作りをしました。雨だったので。生産者さんの対応がやさしく、料理もおいしく、とても良かったです。ありがとうございました。(大阪、30代女性)
 

 

 

ミカン収穫

ミカンの収穫

 

 

雨の日には皆でママレード作りの作業、が定着してきました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー