沼田町・コーミ(株)(北海道沼田町)

直接農作業を支援されている皆様の活動に大変驚きました!(北海道沼田町で加工トマトの収穫 16年9月)

 トマト

農業法人HJYさくらの実験圃場で

先ず始めに、今回お世話になった皆様方、大変ありがとうございました。
私も、消費者の皆様と農業体験等で交流を深める経験はありましたが、直接農作業を支援されている皆様の活動に大変驚きました。
自分達が口に入れる食べ物がどのように栽培され、どんな農家が生産しているか、現場を見て、更に支援される皆様の意識の高さに、農業を営む者として頭の下がる思いであります。
作業中には、沼田の農業の取り組みや現状、皆様方の活動内容や消費者としてのお話しをお互いに意見交換することも出来、この企画に参加をさせていただき大変有意義なものでありました。
今年同様、機会がありましたら、是非、沼田町に再度来ていただきますようよろしくお願い致します。本当にありがとうございました。(㈲HJYさくら)

初めてトマト取りの仕事を、仕事の速さのペースを落とす事が出来ないため、プロの私達3人のペースで、取って行って頂きました。私達も大変なのに、初めての方はとても大変だったと思います。とても助かりました。有り難うございました。(沼田町トマト生産組合長、絵内さん)
 

 

 

沼田町

 北海道の沼田町は、コーミ(株)と業務連携提携を締結している北海道の産地です。冷涼な気候に加えて日中と夜間の寒暖の差が大きく、糖度の高いトマトが収穫されています。
1981年、減反政策による稲作の減収を補うため、トマトジュースを町の名産にしようと農産加工場を設立し、トマトの生産を続けてきましたが、工場設備の老朽化、販売先が広がらないなどで、廃止も検討され始め。そんな中、加工用トマトの原料確保に悩むコーミ(株)と出会い、新たに町営の農産加工場「北のほたるファクトリー」を新設。12戸まで減少した栽培農家も29戸にまで増え、町の元気につながっています。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー