援農

  •  


    alwayshelp
  • 農業塾
  • 中・長期研修 

18131: 柿の摘蕾(芽摘み)作業6日(西日本ファーマーズユニオン関西(王隠堂農園))

【受付終了】悠久の歴史ある里山で柿の摘蕾作業!(王隠堂農園;奈良県五條市西吉野町)


◆5月14日(月)~5月19日(土)
◆68歳までの女性

生活クラブとは、富有柿、刀根柿や梅干しの生産者として提携の長い「王隠堂農園」での農作業です。柿は青果だけではなく、干柿やあんぽ柿などに加工もしています。近年の異常気象で収穫量が安定せず、栽培が難しくなっています。近年の炭疽病発生など、予期せぬ事態が起こったとしても、柿を楽しみに待って下さる組合員さんにお届けできるよう、日々栽培に励んでいます。
おいしくて大きな柿に育てるためには、余分な芽を摘む必要があります。柿の蕾が大きくならないうちに、すべての畑の芽摘み作業を終えたいので、短時間で多くの人手を必要とします。手伝っていただくことで、農家も助かり、元気ももらえます。組合員の皆様には五感で栽培の難しさ、大変さを知って頂きたいです。組合員さんとコミュニケーションをとりながら作業を行うことは、生産者の励みとなり、栽培の継続や消費材利用の拡大につなげていきたいです。

 

 

 

こちらもご覧ください 

 

 

 

柿の芽摘み

脚立に乗って芽摘み作業

研修施設
研修施設

 

おおまかな日程

5月14日(月)
                13:00 近鉄 福神駅集合
        13:30 王隠堂農園学習会 (王隠堂農園の取り組みや消費材の話、
            梅干し加工場の見学
        17:00 温泉  食材購入
        18:30 宿泊施設で懇親会

5月15日(火)~18日(金)
              7:00 朝食(自炊)
             8:00 柿の芽摘み作業
            12:00 昼食(施設で自炊)
            13:00~17:00 柿の芽摘み作業
            夕食(自炊)
               ※適宜休憩をとります。

5月19日(土)
           7:00   朝食(自炊)
           8:00~12:00 柿の芽摘み作業
           12:30~13:30  昼食(農園レストラン)慰労会
           14:15 近鉄福神駅解散

 

作業内容

柿の摘蕾(芽摘み)作業 傾斜地で脚立を使い、親指と人指し指で芽を摘みます。重たいものを持ったり、運ぶことはありませんが、常に頭で考えながら体を動かす作業です。
※他の作業となる場合もあります
雨天の場合、小雨の場合はカッパを着用して作業、又は野菜畑で定植や収穫作業、大雨の場合は作業中止、又は野菜などの別途作業

作業レベル
★軽作業
★★中くらい
★★★重労働
★★ ※重たいものは持ちませんが、傾斜の柿山で脚立で作業します
持ち物

作業できる服(長そで、長ズボン)、ぼうし、綿の薄い作業用手袋、雨カッパ(上下別々のもの)、他着替え、洗面用具、タオル、バスタオル
※長靴と作業手袋はご用意いたします。
※ヘルメットはご用意いたします。
※荷物は事前に郵送できますので、長靴をお持ちの方は持って来て頂けると嬉しいです。

集合および
解散場所と時間

集合:5月14日(月)13時近鉄 福神駅
 

解散:5月19日(土) 14時15分

宿泊場所

農悠舎王隠堂 研修館
 自炊 (14日の夕食と19日の昼食は用意します)

募集人数

5人(女性のみ)

必要費用 現地までの往復交通費、傷害保険料、自炊の食材費
産地からの補助

宿泊費用。14日の夕食と19日の昼食。農園の野菜・米、他に調味料は用意
交通費の一部として1万円補助します。

集合場所までのアクセス

●東京→京都(新幹線)→樫原神宮(近鉄)→近鉄福神(近鉄吉野線)往復約30,000円
●新宿BT→五條バスセンター(夜行バス) 往復約16,000円

●大阪→大阪阿部野橋→近鉄福神 (往復2080円)

参加条件 68歳までの女性(宿泊施設の都合)
傾斜地での脚立作業ですので足腰丈夫な方
その他 ●短期(土日)の援農は、柿の摘蕾(芽摘み)2日もあります。

 

 

 

 

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー