援農

  •  


    alwayshelp
  • 農業塾
  • 中・長期研修 

18104: 有機栽培米の種まき(JA加美よつば)

【受付終了】有機米づくりスタート!こだわりのおかきとみりんの原料! (宮城県加美町)

 

4月6日(金)~4月8日(日)

◆高校生以上

有機米は自然環境にも人体にも優しい大変貴重なものです。全国でも珍しく部会組織として生産していますが、年々生産量も減少しています。生活クラブの消費材である三州三河みりん、精華堂あられなどの原料に使用され、生活クラブにも馴染みのある消費材に欠かせない存在です。有機栽培米はJA加美よつばで集荷されるお米の8‰しかない大変貴重なお米で 多くの作業を要します。栽培管理が難しいため普及も進まず、面積も年々減っています。生産者の労力を少しでも減らし、有機栽培を安定的に継続し、消費者へ安定供給していきたいです。
有機米の栽培のための企画ですので、お米が大好きな方にきて頂きたいです。やる気さえあれば、どなたでも可能な作業になりますので、お米に興味のある方にぜひお越し頂き、日本人の主食であるお米について語り合いましょう!

春の農作業の始まりは雪解けを待ってからになるため、田植えの作業は大忙しです。その中で最も人手を必要とするのが種まき作業。

 
こちらもご覧ください

 

種まき

 

 

おおまかな日程

4月6日(金)
11:00 JR古川駅集合
11:30 オリエンテーション
12:00 昼食
13:00 作業開始
19:00 夕食

4月7日(土)
 8:00 朝食
 9:00 作業開始
12:00 昼食
13:30 作業開始
19:00 夕食

4月8日(日)
 8:00 朝食
 9:00 作業開始
12:00 昼食、反省会
午後  直売所、温泉
15:30 古川駅解散

 

作業内容

有機米・自然栽培米の種まきの補助
(種播き機械に土入れ・苗箱をハウスに並べる作業等…) 他の作業となることもあります
雨天の場合 同様

作業レベル
★軽作業
★★中くらい
★★★重労働


★★

 

持ち物  作業靴、帽子、作業着、エプロン(あると便利!)、雨がっぱ、手袋(ゴム手袋、軍手どちらもあると便利です)、洗面用具、着替え
4月ですが少し肌寒です。防寒着も御準備下さい。
集合および
解散場所と時間

集合:4月6日(金)  11時00分 古川駅
解散:4月8日(日) 15時30分 古川駅

宿泊場所

農家民宿 おりざの森(食事つき)

募集人数

6名

必要費用

現地までの往復交通費
傷害保険料

受け入れ産地からの補助 宿泊費用、食事代
集合場所までのアクセス

●東京駅→古川駅(東北新幹線 片道11,430円)
高速夜行バス((東京駅八重洲口→ 古川 片道約7,200円 )
●大阪空港~仙台空港 (旅割片道8,900円)
仙台空港~仙台駅 (片道410円)
仙台駅~古川駅 (新幹線片道1,830円)

参加条件 高校生以上
その他  ※お礼として米など宅配便で発送します。

 

 

 

 

 

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー