JAこしみず(北海道小清水町)

小清水の土づくりへの取り組みや、作物へのこだわり・思いを知ってもらえた!(ブロッコリーの収穫 2015年7月)

ブロッコリー

今回、ブロッコリーという品目での収穫体験を企画致しましたが、ブロッコリーの収穫時間は早朝であり(通常4時~5時スタート)、作業時間についても収穫ピークを過ぎると短時間で終了してしまうため、時間配分と調整に苦慮する品目となりました。
実際に生産者の手助けになるまでには至らないと感じ、今後の品目の選定、作業内容等の見直しを行って参ります。
参加された方には「産地こしみず」の土づくりへの取り組みや、生産者の作物に対するこだわり・思いなどは、一緒に作業することで、ご理解頂けたと思っておりますので、企画を練り直して、再チャレンジ致します。(JA小清水 佐藤大さん)

 

 

小清水に対して好印象を抱いてもらえた!(アスパラの収穫と草取り! 2014年6月)

アスパラ

JAの試験圃場でアスパラ収穫作業、徐草作業、アスパラ選果場での選別作業をしてもらいました。今回は昨年に続いて参加された方がおり、それだけ小清水に対して好印象を抱いてくれた事は、とても嬉しいことです。
組合員の参加は今年も1名であり、受入側として、何か工夫が必要と感じました。
次年度に向け、企画の再検討が必要と考えています。(JA小清水 吉田隆さん)

 

 

JAこしみず

北海道の東北部、オホーツク海に面した網走支庁管内に位置する小清水町。年々、地域の人口は減少傾向で、高齢化による労働力の確保が難しい状況となってきていますが、JAこしみずブロッコリーの栽培は、若い後継者もあり、栽培面積も増えています。北海道農業は、すべて機械で行うと思われがちですが、ブロッコリーの収穫は1つ1つ手作業です。TPPへの参加も懸念される今、広大な農地が広がる北海道で「共同」「循環」をキイに希望を持って持続可能な農業を実現したいと考えています!

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー