JA梨北 山ノ上ブドウ部会(山梨県韮崎市)

とても器用で作業の呑み込みが早かった!(ブドウの袋かけ傘かけ 17年6月)

袋かけ

 1枚ずつ袋をかけます

 

今年は天候にも左右され、受け入れをした農家では、袋かけ作業、傘かけ作業まで手が追い付かずブドウの摘粒作業になってしまった農家もありました。
日頃食べて頂いているブドウが、どのような過程で生育していくのか、どのような作業を行っているのかを身近に体験していただけたのかと思います。日頃から目にするブドウですが、実際に体験すると農家のブドウに対する思いなどが分かっていただけたのではないでしょうか。
参加をいて頂いた皆さんはとても満足して帰られたのではないかと思いました。(JA梨北 福井さん)
 
 

 

器用な手先で作業をしてもらいました!(ブドウの袋かけ傘かけ 16年6月)

袋かけ

 1枚ずつ袋をかけます

 

作業の呑み込みが早く、器用な手先で作業をしてもらいました。
作業を通して、消費者の方が生産者の、目線で果物栽培への理解を得られるのが良かったです。また幅広い年齢層の方に参加していただけるような工夫をしていきたいです。(JA梨北 福井さん)
 
 

 

生産者よりも熱心に作業を行って下さいました!(ブドウの袋かけ傘かけ 15年6月)

袋かけ

 

 

生産者の作業及び思いを少しでも理解してもらえれば、企画実施についてよかったと思います。
農業の後継者不足が深刻な問題の中、少しでも農業に興味をもって頂き、農業の発展に努める指導をして行きたい。(JA梨北 清水さん)
 
 

 

農業に少しでも興味と理解をもって頂きたい!(ブドウの袋かけ傘かけ 14年6月)

袋かけ

 

 

初めての方、経験者の方と作業をして頂きました。
受け入れ農家によって作業は異なりましたが、天気にも恵まれ、農家に対しても少しでも理解をして頂けたのではないかと思います。
農業の後継者不足の中、農業に少しでも興味と理解をもって頂けるように努めていきたい。(JA梨北 清水さん)
 
 

 

JA梨北山ノ上ブドウ部会

・ 東京単協が種無しデラウエアを旧韮崎農協(現JA梨北韮崎東支店)と1982年生産者10人で取組みを開始したのが提携の始まりです。
・ 農協合併後も「上ノ山ぶどう部会」として生活クラブ生協向けに生産者を限定し、ぶどう(デラウエア【種有/種無】・巨峰・ベリーA・ピオーネ・甲州・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ、シナノスマイル、ゴルビー、多摩ゆたか)の取り組みをしています。
・後継者のいない農家が多く、行政含めて講座や研修会への呼びかけなど新規就農対策を実施しています。ワインブームもあって醸造用のぶどうから栽培を始める人もいるなど、数名が新規に就農しています。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー