塩尻市北小野地区(長野県塩尻市)

山の恵みを体感、また体力面で山の厳しさを実感!( 水源地「たのめの里」 秋の森づくり(2016年9月)

 

 くろもじ

くろもじの伐採作業


森づくりとして、くろもじの伐採作業、集荷作業、出荷作業を行い、併せて、山の恵みを体感していただきました。悪天候のなか、森・藪等に入りくろもじの選別、伐採などの作業を行い、予想以上の集荷をすることができました。(参加者8人で、くろもじ伐採・集荷量:114kg)
林業作業における草刈機、チェーンソウなど機具の取扱い、立木伐採作業の見学、講習など初心者講習会も行いました。
林業作業の一部ではあるが体感することができ、また、講習会により参加したことに充実感をいただけた。
一方の「山の恵み」の体感となる茸取りでは体力面で山の厳しさを実感したのではと思います。 (塩尻市、山崎哲夫さん)

 

 
 

 

 

農作業の充実感を体感していただきました!( 真赤な高原トマトの収穫(2016年8月)

 

 トマト

高原トマト(加工用トマト)の捥ぎ取りと、出荷作業をしてもらいました。高温、降雨など悪条件なかでの作業となりましたが、予定とおりの収穫ができました。
2回にわたる企画でしたが、第1回は参加者7人で収穫量:90箱(約2t)、第2回は参加者5人、収穫量:130箱(約2.9t)となりました。両企画とも、途中降雨により作業が中止となり、中止時には北小野地区の文化施設見学を行いました。
作業時間帯は涼しい時間帯に設定してほしいとの提案があり、第2回からは早朝(午前6時)からの作業に変更しました。
今後は受け入れ態勢をよりよい方向に検討していきたい。(塩尻市、山崎哲夫さん)

 

 
 

 

 

スキルの高い作業を求められました!(水源地「たのめの里」 春の森づくり(2016年4月)

 

 駒うち

森づくりに係る苗木等の植林作業、間伐材等の処分に係る茸栽培用原木の製造、菌打ち作業、山菜取り作業で地域住民・団体のお手伝いをいただきました。
今回、定員以上の16人にご参加をいただいたことに感謝するとともに、今後の企画提案など地域における夢都里路くらぶとの交流の促進に期待します。
・スケジュール、行動など参加者に対する説明が不慣れで不十分であったことから、参加者の理解が得られない場面もあり、今後の反省点となりました。
・作業内容は参加者が求めている作業水準・量になかったのではないかと思います。
・参加者のご感想をお聞きし、今後の企画、開催に活用させていただきたいと思います。
秋の企画も検討したいと考えています。(塩尻市、山崎哲夫さん)

 

 
 

 

 

塩尻市北小野地区

2011年3月の東日本大震災では、私たちは災害に備え飲料水や食料、日用品を家庭で備えておくことの重要さを深く学びました。震災直後、生活クラブでは容器の確保やトラックの手配が間に合わず、自前の水源確保や組合員と被災地への供給体制の整備が課題となっていました。そうした中で、首都圏からの地の利が良く豊富な水源に恵まれる長野県塩尻市からの提案で、良質な飲料水を家庭備蓄しやすい価格で取組むことが可能になりました。飲料水の水源を守る、森林保全の活動が夢都里路くらぶの企画として始まりました。

ページの上へ戻る

サイトマップ | プライバシーポリシー